ここから本文です

子供が少年野球をしています 自分は未経験ですが父に教えられて動作は一通りでき...

ww3********さん

2014/7/1911:18:02

子供が少年野球をしています
自分は未経験ですが父に教えられて動作は一通りできます

現在息子は3年生で地域の少年団でやっていますが、肩がいいのでピッチャーをやる機会も出てきました

少年野球のピッチャー=故障
のイメージがあり色々調べたところ、共通しているのは正しいフォームで投げれば大丈夫、という意見が大半でしたがイマイチばらばらで要領をえなかったので
そこで、昔の日本やメジャーの大投手と言われる人と、故障する人の違いを調べたら

ほぼ共通しているのが、テイクバックのときの肘の使い方でした

故障する人は皆肘から吊り上げるようにテイクバックし、
200〜300勝する人はボールを回すように足を踏み込むときに肘を90°くらいにして立てていて、尚且つ肘は肩より低い位置にあります(サイドスローは肩より高いかも)


そこで、
その辺をご理解頂ける方に質問ですが

息子は
肘を90°にして立てる、投げる直前、踏み込む足が着地する際に
背中側に肘をグッと引いて反動を付けたがるのですが直した方がいいでしょうか?

ランディジョンソンなども引いている気がするので、個人差である程度投げやすさ重視でいいでしょうか?


肘が自然と曲がって立つと同時に股関節や腰の回転、肩、肘、リリースとスムーズに伝わって自然と胸が張ってボールが後から出てくるイメージを持っていて
そこに肘を背中側に引く動作が入ることでロスしてる気がするし、負担もかかると思うのですが・・
自分でも試しましたが、あまり背中側に引かない方が負担なくボールに力が加わる感じがします


そんな訳で、投球の際に肘を引く癖を直すべきか

直すとしたら、どのような指導方法があるか教えていただけるととても助かります


よろしくお願いします

閲覧数:
332
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

r43********さん

2014/7/2004:19:21

私のところも子供が少年野球をしていました。教えるの難しいですよね。

私は草野球をしていますが本格的な野球経験はありません。でもチーム内にはたくさん経験者がいます。(指導者の経験者も)

20代から始めて30年近くになります。草野球レベルで・・・と笑われるかもしれませんが、一丁前に肩・ひじを痛めてきました。

今や、インターネットや書籍やあやしげな通販などもあって野球指導については情報があふれかえっています。

正直どれが正しいのか間違っているのか判断できません。10年たてば否定されているようなこともあるかもしれません。

そんな中でいろんな媒体(ネット・本・経験者の話など)からの情報を自分で実践・検証を繰り返し(思えば人体実験に近いですが…)最近になって、「投球」について気づいたことがあります。(特にピッチャー)

それは、質問者さまも気にかけている「テイクバック」についてです。
ネット動画・TV映像・連続写真などが手軽に入手できるので誰でも一流投手のフォーム分析ができるのですが、「テイクバック」の言葉通り、腕は投球方向に対し後ろ(セカンド方向)に回されるように引かれます。(右ピッチャーで説明)
その後、右肘が上がり、左腕のリードや胸の張り、トップの形成、体のひねりなどを一連の動作で行い最終的に打者方向に向かって腕を振り下ろす。

上半身(特に腕)を中心にみると大体こんな感じだと思います。
私もこうやって投げていました。

が・・・。この「テイクバック」実はとても人体的にみて不自然な動きをしているんです。

投球前(テイクバックの時点)では投手の体の正面は3塁方向を向いています。(顔は打者方向ですが)
そしてリリースの時には、投手の体は打者に正対します。

ボール(腕)の動きでみると2塁方向へ回されたボールは頭上へあがり打者方向へと振り下ろされる・・・という円運動をしています。

スムーズな円運動から遠心力を使って効率よくボールに力を加えている印象を受けます。

しかし、体と腕(特に肩)の関係に注目すると・・・

「3塁方向に体を向けた状態で2塁方向に腕を回す」ということは、「腕を横に広げていく」状態になります。
そこからそのまま頭上まで腕を上げ、そこから今度は打者方向(体の正面方向)に向かって腕を振り下ろす。
これは、円運動にはなっていません。上げる動作から振り下ろす動作は、直角ですよね。

「テイクバック」という言葉や動画や連続写真に惑わされ、頭上に腕を上げるという動作をするのにわざわざ腕を横に広げて遠回りしているのです。

例えば、ムチをしならせる時や、バレーボールのアタックや、テニスのサーブなどで腕を横に広げる人などいません。
腕は、体の正面で下から上へ振り上げられ、頭上でしなり、下へ振り下ろされます。

本質はただ単純に、「腕を上下に動かすだけ」でいいのではないか?
これが私のたどり着いた結論です。肩・肘に余計な(無用な)回転が加わっていた今までの投げ方と比べ、直線的にしならせるだけの運動なので全く負担がかかりません。肘を上げようとか下げようとか肘の高さへの意識も必要なくなりました。

投球フォームでいうと(セットポジション)テイクバック時に2塁方向ではなく3塁方向から腕を振り上げる。体のひねりによって勝手に打者方向に正対するのでそのまま腕を振り下ろす。

肩・肘への負担も少なく腕がしなるのでボールに力が加わりやすい。直線的な動作なのでブレが少なく制球を崩さない。

まだ1か月程度の実践ですが確実に質の違うパフォーマンスができています。

ちなみに見た目のフォームも違和感ないですよ。

素人考えなので専門家の方にはバカにされるかもしれませんが、ご参考までに・・・

長文失礼しました。

  • 質問者

    ww3********さん

    2014/7/2006:58:11

    なるほど!

    実は似たような感覚を持っていたのでよく分かりました

    もしかしたらダルビッシュもそのようなイメージで投げてるかもしれませんね


    肘は背中側に若干出ても、ボールは体の真横を通って(体は三塁向きでボールはプレートと2塁の直線上を通る)テイクバックして、ボールはそのまま残すようなイメージで回転運動と軸足の押し(前進運動)を始めていけば自然としなるし、胸も張って、肘に内旋の負担もかからないですよね?

    指導のイメージもできました!


    ベストアンサーにさせて頂きます

    ありがとうごさいました


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/7/20 06:59:38

笑う ありがとうごさいました


1番しっくりきました!

同じようなイメージを持ってる方がいて嬉しく思います

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koz********さん

2014/7/1919:44:01

何を
どうやっても
故障する子は故障します。

投げ方が要因の野球肩・野球肘は
全体の15%前後です。

残りの85%は
遺伝的な要素55%
負荷的な要素30%

サッカー部の子や
パソコンしかやらない様な子にも
肘の軟骨に異常(野球肘)が発生します。


少年野球から中学野球までは
【全力投球禁止】
【1日80球以下】


出来上がってない骨に負担を掛けない!!

『走り込み禁止』も同様です。
膝や腰に負担を与えて故障するし、
身体全体のバランスを崩して
肩や肘にも影響します。


投球フォーム(送球フォーム)の修正は
実際に見た人(信頼できるコーチ)に
指導して貰う事です。

今のフォームが(よほど)デタラメなら必要ですが
修正する事が【負担(負荷増)】になる可能性も多いです。
※今のフォームが
本人が自然と身につけた『無理の無いフォーム』
の可能性もあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

his********さん

2014/7/1914:17:03

『肘を90°にして立てる、投げる直前、踏み込む足が着地する際に
背中側に肘をグッと引いて反動を付けたがるのですが直した方がいいでしょうか?』

斉藤和巳投手や中日の吉見投手のようなテイクバックの事ならば故障の原因になると言われているので直したほうが良いですね。
肘が両肩を結ぶラインより上に来る(藤川球児投手など)と負担が大変大きくなりますし、肘を引いて反動を付けるというのは力が入ってると勘違いしがちですがようは自分の力に自分で対抗してるような事なのでパワーロスや故障の原因になるなど良いことがありません。

肘を引く癖を直すとしたら、踏み込んで骨盤が回転して上半身が引っ張られ肘が自然と前に出るまで力まずリラックスするように意識すれば良いです。
胸筋に引っ張られて肘が前に出ようとした時に逆らわずそのまま前に出せば自然と良いフォームになると思います。

日本の投手よりはメジャーで長年活躍してる投手の方が実に理に適ってるフォームの投手が多いのでそちらを参考にすることをおすすめします。
日本人投手であればダルビッシュ投手など良いフォームをしてます。

参考になれば幸いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる