ここから本文です

リハビリテーションにおける理学療法士の役割で「急性期」・「回復期」・「維持期...

n_a********さん

2014/7/2223:11:15

リハビリテーションにおける理学療法士の役割で「急性期」・「回復期」・「維持期」の三つの違いを教えてください

閲覧数:
1,336
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

neu********さん

2014/7/2411:31:10

リハビリテーション医です。

急性期は、ベッドサイドでの廃用予防、早期離床などが目的でしょうか。

回復期は、まさに機能回復、ADL向上を目的とした訓練になると思います。在宅生活を見据えた補装具の選定や環境調整の提案も大切な仕事です。

維持期は最近は生活期と呼ぶ方がよいと思いますが、その名のごとく、生活、活動水準を維持するための身体機能の維持、活動の提案などが主な役割になると思います。能力に応じたきめ細かい環境調整の提案(訪問なども必要)も重要かと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる