ここから本文です

行政法について教えてくださいm(__)m 訴訟類型がいまいちよくわかりません。 1、...

atm********さん

2014/7/2506:55:56

行政法について教えてくださいm(__)m
訴訟類型がいまいちよくわかりません。
1、土地収用法に基づく都道府県収用委員会による収用採決の無効を前提とした所有権の確認を求める土地所有者の訴

えは抗告訴訟に当たる。
答えは×
2、Xが収用採決に示された損失補償の額に不服がある場合は、A県を被告として、損失補償を増額する採決を求める義務付け訴訟を提起すべきこととなる。
答えは×

この答えはなんですか?
そしてなぜそうなりますか?
わかりやすくおしえてくださいm(__)m

閲覧数:
53
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gud********さん

2014/7/2508:44:52

1 当該訴訟の訴訟物は(相手がどうであれ)あくまで自己の所有権の確認が訴訟物であり、係争物の所有権帰属の決定の前提に「収用裁決の結果が有効か」という問題が出てきます。
よって、当該訴訟は当事者訴訟(行政事件訴訟法4条)です。

2 義務付け訴訟は、法的に一定の処分をすべきであるにもかかわらずこれがなされないとき、および申請又は審査請求がされた場合に処分・裁決をしなければならないのになさらないときに使われます(同3条6項)。
損失補償は、財産権(憲法29条)を理由に実質的公平の理念からなされるもので、これも当事者訴訟で処理すべき案件とされます。公権力の行使(行政処分の発動・不発動。ここでは収用裁決)を直接争うものではないからです。

各訴訟とも定義と代表的なかたちをチェックしておいてください。

質問した人からのコメント

2014/7/25 09:19:02

降参 迅速な回答ありがとうございました!よくわかりました。
もう一度きちんと勉強しなおします!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる