ここから本文です

質問です。 私は、示す辺と衣辺、どっちか一方に統一していいのではないかと思...

mas********さん

2014/8/601:33:49

質問です。

私は、示す辺と衣辺、どっちか一方に統一していいのではないかと思います。

勿論、こんなことをいうと、衣辺には「衣」から連想されるような由来のある漢字が割り当てられるか

ら、意味があるといいます。

しかし、本当にきちんと由来が分かる漢字ばかりでしょうか?

由来リストみたいなものがあって、由来が認めうる物とそうでないものを分類したとき、例外が多すぎることはないでしょうか?

皆さん、この僕のとりとめもない疑問にどうか答えを下さい。

閲覧数:
74
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

田 田子さん

2014/8/605:02:59

お気持ち、良く分かります。現に新字体になって、「月偏」と「肉月」が合併されました。現在では区別されません。それは、偏の形が非常に似ていることと、「肉月」偏では「肉」の形で用いることが大変少ないことです。
では「示」偏と「衣」偏の場合同じと見てどんなメリットがあるかということです。「ネ(示)」偏と「衣」偏は同じように錯覚します。点が一つか二つかの違いですから。しかし、「衣」偏と「示」偏を統一するとしても、「ネ偏」と「衣偏」の漢字よりも「衣」としての文字の方が多いようです。例えば、「表」「衰」「袋」などの、衣のままの文字もたくさんあります。他方、「示」偏の方はどうか。「示」のままの文字もまたたくさんあります。特に困るのは、常用漢字に「禁」「票」「祭」など「示」のままのものもまたいくつかあります。
一点の「視」「祝」「神」や二点の「初」「裕」「襟」などのような漢字もまたたくさんあります。これらを一つに統合するとしても、先の「示」や「衣」のままの物はどうすのか之問題が生じるでしょう。
更に、漢語の研究者には、漢字を中国語として受け止めなければならないこともあるのです。それは、矢張り漢字にはその偏と旁に密接な関係があることを無視することは出来ないのです。例えば、「被」は日本語では「被害」の「被る」であっても、中国語では「掛布団」の意味があります。。つまり「皮」は「包むもの」とか「上から羽織る」の意味があるからです。このように中国語としての漢字の意味からは、我々が見逃しがちな根柢の意味があるのです。簡単に紛らわしいから一つにすると言うわけにはいかない事情があるわけです。

質問した人からのコメント

2014/8/7 08:33:26

ありがとうございます。
色々、事情があるんですね。勉強になりました。

しかし、示す偏と衣偏の統一は少数の漢語学者にはあまり関係無いと思います。
過去の記録をきちんと保存すれば、研究者には大きな問題にならないと思います。

更に「表」や「禁」と今回の偏の話は別で考えても差し支えないのではないでしょうか?差し支える(強い)理由がよくわかりません。

どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/8/611:12:49

示偏と衣偏はどっちがどっちかわからなくなる人も多いでしょうから、統合するというのは良い考えの一つだと思います。
実際、古くからあまり区別されなかったようで、王羲之の字にも示偏で書いた「被」などが見えます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる