ここから本文です

神経細胞の軸索での興奮についてなんですけど、テキストでは軸索の途中から興奮が...

huy********さん

2014/8/1318:51:06

神経細胞の軸索での興奮についてなんですけど、テキストでは軸索の途中から興奮が始まっている図が描かれていましたが興奮は細胞体から伝わって一直線に神経終末に伝わるものじゃないんですか?

なぜ軸索の最初の部分から活動電位が起こらず、途中に興奮部位が現れあらわれたのかがよくわかりません。

軸索,興奮,神経終末,活動電位,一直線,ランビエ絞輪,脱分極

閲覧数:
166
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t3c********さん

2014/8/1716:45:18

過程を表しているのだと思いますよ。
有髄神経の跳躍伝導では、ランビエ絞輪に脱分極(興奮)が起きていくという図です。
脱分極は普段静止膜電位がマイナスになっている状態からNaが流入して電位が急激に上昇することです。
ランビエ絞輪がつぎつぎに+になっていくのが示されています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる