土砂崩れは、地震みたいに緊急速報が出なくて怖いです。国交省の役人さん、天下りの予測ではなく災害の予測をして下さい。

土砂崩れは、地震みたいに緊急速報が出なくて怖いです。国交省の役人さん、天下りの予測ではなく災害の予測をして下さい。

防災180閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ただ、広島市は、以前、かなり以前から土砂崩れ避難区域に指定されている区域が多い… と、再三再四 避難マップなどが地域ごとに配られているはずなんです。 うちの区域も、回覧で回ってきているので 水道ポンプに雷があたって、水道が止まり、停電にはなるし…で、ビックリして外に出ました。 (市街地でも、山の手の県営です) やはり、近所の方の力は強い! みんなで、避難しよう!と、集会所に、みんなで集まってました。 木が倒れてくる音がしたら、地滑りしだしてる音だから…と、会長さん、副会長さんが見回りに行ってました。 これが、もし、人間関係が寸断された地域に住んでいたら、一人取り残されたでしょう。 旦那も仕事に行って、家にいない最中、ご近所の方と力を合わせていました。 いざとなった時の為に、隣3軒とは親しくした方が良いですよ。 自分一人では解決できないことも、近所の人となら解決する事があります。 今回の事で、見に染みてわかりました。 いくら、高層マンション、高い家に住んでいても、何か起きた時に相談できご近所さんがあるのとないのとでは、違いがあります。 緊急予測ができない時は、ご近所さんの年配者さんたちが、よく知っている場合があります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

地域の人の繋がりって大事ですね

お礼日時:2014/8/22 7:43

その他の回答(2件)

0

おもろい事を言うね~ でも国交省より財務省のほうが近年の日本の癌だよ、ガン。 道路族も減ったからね~ 本題だけど、地域の災害予防とか非難韓国は地元の自治体が出せるので、わりとスムーズに出す。 私の地域では車でアナウンスを流してくれるけど、君の近所も同じじゃない? 地元住民が「あそこでいつもと違う状況を見た」とか通報する人が多いと、その地域は敏速に行動してる傾向にもあるよ。 これを国交省とか国の機関に指示を出させる仕組みにすれば、残念な事に上司の機嫌を損ねたくない連中ばかりだから悩んでる時間が長くなってしまう。 「もし緊急避難勧告を出して何も起こらなかったら・・・」とか「危険範囲の想定を誤ったら」とか、人命に関わるから急ごうって一切考えてくれないので、その指示をイライラしながら待つ地元の自治体や地方行政の気持ちにもなってあげよう。 ある程度自由に地元で判断を任されてるから、本来はスムーズなんだよ。