ここから本文です

経営者っていわゆる決算書以外は どうやって会社の経営状態を把握するんですか?

shi********さん

2014/8/2721:04:56

経営者っていわゆる決算書以外は
どうやって会社の経営状態を把握するんですか?

閲覧数:
48
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/8/2808:40:49

テストをしてみないと自分の成績がわかりませんか?
家計簿をみないと生活が苦しいか裕福かわかりませんか?

会社だって同じ。
日々、会社に出勤すれば、売り上げが下がっているか?経費が掛かりすぎているか?などはわかるもの。わからない馬鹿には経営はできない。
決算書はあくまでも結果。
状況を数字でだしてあるので、その欠点をおぎなうためにある。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kag********さん

2014/8/2812:52:04

経営者が、会社の「経営状態」を把握するのは財務諸表以外では、
昔から言い伝えられている「ことわざ」があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)「百聞は一見にしかず」
百回聞くよりも一回現場を見て回れば、すべてが分かります。

(2)「百見は一考にしかず」
百回現場をただ見るだけでは駄目です。一回考えることにより、何が問題なのか分かります。

(3)「百考は一行にしかず」
百回考えるだけでは駄目です。一回行動を起こし、問題に取り組むことです。

(4)「百行は一効にしかず」
百回行動を起こしても効果を出さなければ駄目です。一回効果を上げることです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ことわざ」の通り、経営者は「聞いて」「見て」「考え」「行動する」ことです。そして最後に「効果を上げる」ことです。

これは経営者に限らず、皆様にも共通して言えることですので、自分自身「肝に銘じて」覚えておくとお役に立つと思います。

以上。

2014/8/2805:11:14

経営者は肌で感じるのです。感じる事のできる人が経営者になれるのです。感じない人は経営者にはなれないのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる