ここから本文です

自動改札はどうして簡単に故障したり壊れるのですか・・・ 考え事していてうっ...

ris********さん

2014/9/718:18:42

自動改札はどうして簡単に故障したり壊れるのですか・・・

考え事していてうっかりスイカやエクスプレスカードを、自動改札の切符挿入口に入れてしまったことが数回あります。

修理員に取り出してもらうと傷だらけになっています。


ただエラーで戻せばいいのにと思うのですか・・・


因みに、鉄道系のスイカやパスモなどは、タッチすべきところを入れた勘違いなので、修理に時間がかかっても、修理代は請求されませんからご安心を・・・


鐡道に関係ない、クレジットカード診察券などは、修理実費請求される場合もあるらしいですが。。。

閲覧数:
914
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sky********さん

2014/9/720:14:22

テメーが「故意に破壊している」だけだろうが

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nya********さん

2014/9/718:53:15

自動改札機の中はローラーやその他の機械でいっぱいです。切符の磁気(普通の切符の裏の黒い部分)を読み取る機械や検札済みを示す穴あけ機の他にも切符のを正しく排出する為の機械が入っていたりします。その機械のローラーやパンチなどに引っかかって貴方のカードはキズものになってしまったのでしょう。改札機は紙製の切符や薄いプラスチック製のカードを対象に作っているので硬いICカードなんて入れたら故障するのは当然です。キズもので済んだみたいですけど、パンチで穴あけられていたらカードなんてお陀仏ですよ。カードにはそこそこの大きさのICチップが埋め込まれていますが、チップが損傷したらデータが全て飛ぶ可能性があります。データが飛ぶと言うことはすなわち残金も…
まあカードは硬いので穴なんてあかないとは思いますが。
交通系ICカードでもわざと入れたなら修理費を請求されます。

日本の改札機は優秀なので切符はどの向きに入れてもちゃんと表を向いて出てきますし、大小の切符を入れたならちゃんと小さいのが上で出てきます(切符の取り忘れ防止だそうで)。因みに改札機を世界で初めて作ったのは日本です。大阪にある阪急電鉄北千里駅で世界で初めて導入されました。改札機は日本が高度経済成長期に作り出した素晴らしい物の一つです。結構興味深い機械ですよ。

ado********さん

2014/9/718:52:21

それは正しい使い方を出来るのが一般的に普通であると考えそのように対応している繊細で力強い機能であるにも関わらず、それ以外の想定外の事をするからです。切符とスイカの見て比較すればわかりそうなものだと思いますが。

but********さん

2014/9/718:46:11

やわらかい磁気切符を入れるところに硬いIC乗車券を入れたら壊れるのは当たり前だろ。
ヲタク、頭大丈夫w?

osa********さん

2014/9/718:26:08

自販機の紙幣投入口に硬貨を入れて故障を起こし、文句を垂れるのと同じレベルのバカ質問。

r2l********さん

2014/9/718:23:56

簡単に壊れるという。客観的なデータ、ソース先を提示しようね。
そもそも何度も入れる貴方が悪い。

その自覚も無く・・・。

簡単に壊れるという。客観的なデータ、ソース先を提示しようね。
そもそも何度も入れる貴方が悪い。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる