ここから本文です

始皇帝の焚書坑儒では、何故『孫子』や『呉子』などの兵法書も 焼かれたのでしょ...

c13********さん

2014/9/918:10:28

始皇帝の焚書坑儒では、何故『孫子』や『呉子』などの兵法書も
焼かれたのでしょうか?兵法は占いよりもはるかに実用的だと思いますが。

閲覧数:
274
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bir********さん

2014/9/920:25:50

チャイナの歴代統一王朝の体制は程度の違い、あっても
大体、天下統一すると軍事に関する禁制を だします。
特に、それが顕著なのは明王朝です。明は国家統一を
果たすと反乱防止に、厳しい禁止制度を多数だして、
産業も軍事の強化になる技術を抑制しました。そういう
技術が発達すると体制の敵が武装蜂起の元になるからと
いう理屈から、なんと鉄鋼産業まで抑制したそうです。
つまり西洋は産業革命の推進力であった鉄鋼を
チャイナでは王朝が、反乱を警戒するあまり抑制したため
チャイナでは国内で起きるかもしれなかった西洋のような
産業革命が起きる芽が明の産業抑制施行によって
ツブされた。
一番さいしょ、のチャイナの皇帝、始皇帝も、
まず自分が、たてた王朝の脅威となるものは何でも
排除したいので軍事技術である兵法書を禁制するのは、
始皇帝の立場からすれば、自然。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kus********さん

2014/9/1008:46:55

実用的であるが故にですよ。民衆や豪族、旧王族がそれを利用して反乱したら厄介ですからね。
ちなみに焚書坑儒と言っても民間人から書を奪ったというだけで、王朝では焚書認定された書も管理された上で保管されてたはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

uma********さん

2014/9/918:59:25

ええ、もちろん焼かれています。
保護されたのは秦の歴史書と医学・占い・農業書だけで、儒教書や諸子百家の書も守尉に提出しなくてはいけなかった。
30日以内に提出しないと、入墨の刑になった。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる