ここから本文です

FRの車で毎回同じ、いわゆるイニシャルDででてくる様な「峠」をドリフトで攻めている...

akirakirakira123さん

2007/11/2115:36:15

FRの車で毎回同じ、いわゆるイニシャルDででてくる様な「峠」をドリフトで攻めている人達の話を聞いていると、なんでグリップにしないんだろうといつも思います。

完璧に覚えてしまった、ターマックのコースなら、WRCの様なドリフトでコーナーを曲がっていくよりも、F1の様にグリップで針の穴を通すような走り方のほうが、ドリフトよりも早いか、若しくは最低でも同じですよね?

友達と激論を交わしたのですがいまいち自分でも納得できません。皆さんはどう思いますか?

閲覧数:
11,196
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kikutokabuさん

2007/11/2115:49:11

ラリーの人がドリフトする理由は、路面状況が一定ではないからだそうです。
ブラインドコーナーであったり、溝があったりするので、ある程度マージンをとり、様々な状況に対応する為にドリフトをするそうです。

素人の私にはドリフトの方がコントロールしやすいというのは良く分りませんが、そうらしいです。

まぁ、路面の状況が分らなくて、スリップするかもしれないところに、高速で突っ込むなら、最初からドリフトして行くという事なんでしょうかね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a_kazuki1225さん

2007/11/2513:37:01

峠というのは、サーキットと違ってコーナー一つ一つが小さいので、場所によってはグリップよりもドリフトの方が速く走れることもあります。クルマの向きを素早く変えて、早く変えられればその分アクセルは早くあけられるので。でもすべてのコーナーをドリフトで走ると、最後の方はタイヤが熱ダレを起こし、グリップしないと思いますが。要は、コーナーによると言うことです。

kure556_gogoさん

編集あり2007/11/2323:38:08

ドリフト、グリップって言っても色々ありますねぇ。
ドライビングをドリフトとグリップに分けるのもナンセンスだと思いますけど?

敢えていうならドリフト走行の特徴は「進入速度の速さ」です。
例えば時速150kmからブレーキングで減速してコーナーに進入する場合、
グリップ走行では80kmまでブレーキングで減速してからコーナーに進入するとしたら
ドリフト走行の場合はブレーキングでは時速100kmぐらいまでしか減速しません。
当り前ですがブレーキングでグリップ走行時と同じだけ減速してしまったら「ドリフト」に
なりません。(グリップしてしまいますから)
逆にいえばグリップでは時速80kmまで減速しないと入れないコーナーでも、ドリフトなら
時速100kmまでしか減速する必要がないので、そのぶんブレーキング開始ポイントを遅らせ
る(ブレーキングポイントを奥に取る)ことが出来るのがドリフトのメリットではないでしょうかね?
ドリフトをやったことがあれば判ると思いますが、進入でタイヤをブレイクさせようとすれば、
最初は口から心臓が飛び出るくらいの恐怖と戦わなきゃならないぐらいのスピードでコーナー
に進入する必要があります。そういう意味ではドリフトって結構難しいんですよね。
当り前のことですが路面状況が良いシチュエーションでは、ターンインからコーナーを脱出する
までの時間は、現在では明らかにグリップ走行のほうが早いです。例えばターンインからコーナー
脱出までグリップ走行で1.5秒掛かるようなコーナーをドリフトで流しっぱなしで走ると1.7秒とか
掛かってしまいますから、これは明らかにグリップ走行のほうが速いです。
つまりコーナリングに費やす時間はグリップ走行のほうが短い。でもドリフトの方が進入速度自体は
速く、ブレーキングポイントを奥に取ることが出来る。プロドライバーはこの両者を天秤に掛けて
ベストな走りを選択しているでしょう。もちろんコーナーの形状や路面状況によってもベストな走り
は違ってくるでしょう。
また単走でなく、レースで抜くか抜かれるかということになれば、タイムだけの問題ではなくなり
ます。ドリフトのスキルがあればブレーキング競争で相手よりブレーキングを遅らせて、ドリフトで
コーナーに進入することもあります。(F1でも、よく見るとブレーキングで相手を抜き去るときに
ドリフトを使ってますよ)
また、グリップ走行で限りなく限界に近づいていけば当然「四輪ドリフト」に近い状態になりますから、
そもそもドライビングを、ドリフト/グリップに分けることはプロドライバーにとってみればあまり
意味の無いことと思います。質問者さん「F1の様にグリップで針の穴を通すような走り方」と仰います
が、F1でもレース中にマージンを広げようと限界プッシュする時は各コーナーで微妙に滑って四輪
ドリフト状態で果敢に攻めてるシーンがよく見られますよ。

rera_sanさん

編集あり2007/11/2211:32:42

あくまで頭文字Dについて書きます。警察などの許諾がない状況で公道で制限速度以上のスピードで行うことは犯罪行為です。

サーキットやラリーで使われるハイグリップなタイヤを使っていませんしエアロやサスペンションなども市販車ベースのものですので、
高速カーブであればグリップでもいいですが、ヘアピンカーブの連続する場所であればドリフトしたほうが速く回れます。

例えば妙義であればグリップでも速くいけますが、いろは坂になるとドリフトが圧倒的に有利でしょう。

monte20007さん

2007/11/2123:44:09

簡単に言って、ドリフトの方が見た目も良くてグリップよりも怖くないからですよ。

ss_turbo1800さん

編集あり2007/11/2119:30:25

限界ぎりぎりでグリップ走行する方が難しいからでしょう。

おっしゃるとおりWRCでもよりグリップ走行の方が速いとされています。
もちろん速度域が高いので若干はスライドせざるをえないと思います。
リアをスライドさせるクセ(アクセルでリアをコントロールする)のあったトップドライバーはみんな廃れたのが何よりの理由かもしれません。
*特に舗装路では全く勝負にならないほどタイム差が出ます。


公道で路面状況も色々なので多少のスライドはあるでしょうけど、ダラダラ横にスライドさせる自体が無駄とされているようです。
ドリフトさせて進入した方が安全ですが、その分前に進みませんし無駄な部分が多いのだと思います。
*特にコーナー脱出でパワースライドは論外。。。これはサーキットでも一緒。


http://jp.youtube.com/watch?v=LSH-_Awljig&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=NJAMKvDHphA
このように「舗装路で無敵」のスペシャリストはほとんどカウンターを当てず常に直進状態を意識するようなタイヤの使い方をするようです。
ブレーキも直進状態の時にスパッと行い、ハンドルも小刻みに操作。曲がりながら減速しつつのアプローチもしないみたいです。

http://jp.youtube.com/watch?v=vuPHxyxiMtM
ただアンダーぎりぎりの速度領域で進入し、失敗するとこうなってしまいます。

ラリー雑誌を見ると、グリップ走行の方が速いのですがより危険だそうです。
アンダーで進入する為何かあった時に一切のリカバリー出来ず、
特に先のコーナーの状況がいろいろあるWRCではかなり勇気のいる走りだそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。