ここから本文です

平成24年5月24日に国との間で、損害賠償金2983万5070円+延滞金1957万8630円の支払...

内倉由文さん

2014/9/1920:37:30

平成24年5月24日に国との間で、損害賠償金2983万5070円+延滞金1957万8630円の支払いを分割で、支払うとの和解条項を国との間で、話をしましたが、

現代生活保護の受給によりその収入しかあいません。その場合でも支払いをする義務があるのでしょうか。毎日生活をかなり苦しいです。誰か支払いをしない方法をご存知なかた教えてください。

閲覧数:
97
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/9/2206:12:41

生活保護を受けているなら、借金や返済金の支払いに充当してはいけません。
生活保護はあくまで生活をするためのお金で、返済金を支払える余裕があるならその分は支給を減らすべきです。法で決まっています。

>平成24年5月24日に国との間で、損害賠償金2983万5070円+延滞金1957万8630円の支払いを分割で、支払うとの和解条項を国との間

そんなもの、放置しておけばいいのです。
差し押さえされる財産もない人が一番強いのですから・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる