ここから本文です

消費税を10%に増税するのと議員定数削減はどちらの方が優先度がたかいのでしょうか...

j_c********さん

2014/10/814:11:36

消費税を10%に増税するのと議員定数削減はどちらの方が優先度がたかいのでしょうか?

閲覧数:
54
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nih********さん

2014/10/814:15:46

安易な議員定数の削減議論、これはどうなんでしょうか。
数が少なくなれば地方の声は届きにくくなります。
それでなくても1票の格差で大都市圏が優遇され、
地方創生など議員の配分から見てもほぼ不可能です。

消費税は個人的にはもっと上げるべきだと思いますが、
そのためには社会保障制度を見直す必要と、
今までの社会保障制度を作った政治家、官僚に責任を。
このことなくして増税はできません。

質問した人からのコメント

2014/10/9 22:59:18

他にも素晴らしい意見があり誰をBAにするか迷いましたが、返答が早い方からいいなと思った意見で決めました。やっぱり国債の額を考えると議員定数削減はすぐにどうこうできるものではなく逆に国民の声が届かなくなりますよね…

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gai********さん

2014/10/814:36:47

議員定数削減でしょ。

だって消費税増税はもう野田政権がとっくに決めたことですよ?
いまさらぐだぐだ言う意味がない。

いま安倍総理が決断するのは「経済動向を見て消費税10%へ増税するのを過去の決議通り実行するか、中断するか、先送りするかの判断」だけ。

つまり、何も判断しないなら自動的に消費税は2015年に10%になるわけ。

で、一度決めたことをどうこうするより、まだ決まってない問題を検討する方が優先度が高いのは言うまでもないことですよね。

「増税を安倍総理が決める」のであれば、話は別だけど。

klb********さん

2014/10/814:23:50

優先度を考えれば圧倒的に消費税。

財政を回復させる方が先、仮に議員を全員削減したとしても消費税収4兆円増(5%→8%予測)の足元にも届かない。国政への貢献度を考えれば圧倒的かと思いますが、省エネブームに沸く国民は身を切れと騒いでおりますので、選択が難航していますね。

メリットばかりがクローズアップされていますが、騒ぐ国民のなかに議員定数削減のデメリットを理解している人がどれぐらいいるか・・・。

bel********さん

2014/10/814:13:11

消費税は廃止して、議員定数は増やしましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる