ここから本文です

真光を信仰されている方に お尋ねします。 知人に聞いたのですが 人間関係で...

iza********さん

2014/10/2112:07:04

真光を信仰されている方に
お尋ねします。

知人に聞いたのですが
人間関係で悩んでる際に
玉ぐしに怨んでいる相手の
名前を書いて奉納すると
祈りが通じると聞きました。

本当でしょ

うか?
そうだとしたら、キツネや蛇等の
動物の力を借りて信仰して
いるのでしょうか?

閲覧数:
298
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hayabusaさん

2014/10/2113:35:47

izayoizuki1980様、こんにちは。

自分は世界真光文明教団に属する一般組み手です。宜しくお願い致します。

ご質問されているお玉串について簡単に回答させて頂きます。

>人間関係で悩んでる際に玉ぐしに怨んでいる相手の名前を書いて奉納すると祈りが通じると聞きました。

とありますが、当真光文明教団ではお玉串について、そのような教義はありません。

真光系教団は他に、崇教真光という教団もあります。

教義とは違うことを組み手が曲解して言うということは無くはないですね。

お玉串は自分に対して、日頃の感謝の想いを持って神様にご奉納させて頂くものです。

怨んでいる相手の名前を書いて奉納するということはしないですね。だから祈りが通じるのかどうかは自分は分かりません。

ご奉納は、「相手や相手のご先祖様たちが救われますように」、などといった利他愛の想いでご奉納させて頂くものでもあります。

正しく、善なる想いのご奉納は、自分や相手や、そのご先祖様が救われていくという神様よりのご守護が頂けるわけです。

自分のみ意と神様のみ意との波長がピッタリと合えばその人の祈りは通じるということになってきます。意乗りとも言います。

ところが、人を怨む、憎む、妬む、悪口などといったマイナスの想念の祈りは神様には通じないということになってきます。

組み手として、そういった負の祈りは行うべきではないですね。

もし、そうしたマイナスの想念の祈りが通じるとすれば、質問者様の言われているようにキツネや蛇などの低級霊によるものだと思います。

当真光文明教団では、天地創造された大元の親神様である主神に向いた神向き信仰をしております。実在神信仰を行っております。

お玉串についての説明を簡単に記させて頂きました。

【お玉串】 先祖代々犯してきた、家の財的罪穢や、自分自身が再生転生中に犯してきた財的罪穢を消させて頂くため、また、神力を賜りたいとき、日頃のご守護の感謝を申し上げるようなときに祈りを込めてお捧げします。

ご奉納について過去回答したものです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211076742...


長々となり、大変失礼致しました。

  • hayabusaさん

    2014/10/2121:11:14

    想いの持ち方が天国、地獄をつくります。

    人の運命は「相応の理」によって変化する。自分の発した想い、行動が自分に返ってくる。つまり幸も不幸も、天国も地獄も、自分がつくり出しているということを忘れてはいけないのです。

    私たちの想い、想念というものは、自分の胸の内にとどまらず、現象化していく。さらに人に対して怨み、憎しみの悪想念を発すれば、やがて自分に返ってくる。「人を呪わば穴二つ」というように、悪想念を発すれば人を不幸に陥れるばかりか、自分までも不幸にしてしまいます。想いは自分に返ってくるのです。

    自分が何気に言った言葉・言霊がマイナスの想念であったならば、自分に同様のことが起きてくる可能性もありますから注意する必要があります。

    常にニコニコと陽の氣で、プラスの想念で生きていくことが求められます。

    これらのことは、神が定め置かれた置き手(掟)=神理・法=宇宙の法則の中にある「メグリの原理」に依るものです。




  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/10/23 19:31:19

丁寧な回答をして頂いて
ありがとうございました。
多分、進行者の前の人間性の
問題や深く信心をされてない方々かも
知れないですね。
人に嫌な思いをさせて喜ぶご夫婦の
様な人だと感じています。
親切に色々と、ありがとうございました。

あなた様の様な方々でしたら
宗教のイメージも違ってたかも
知れません。

名前を書いて奉納されるなら
やっぱり、心の中まで見抜くのは
至難の技の様に思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oka********さん

2014/10/2120:46:00

崇教真光の元組み手(信者)です。

先に世界真光文明教団の現役信者の方がお答えになってますが、崇教真光も似たり寄ったりの教えです。

主に『先祖からの金銭的な罪穢を消す』と教えられてました。

例えば人間関係で悩んでる相手を●●さんとしますと【●●家先祖代々】というような形で御奉納をさせて頂くと、【●●さん】の人生・運気が好転するという感じです。
そして【串】という字には『神界(上の口の部分)と現界(下の口の部分)をつなぐ』と教えられてました。

しかし残念なのは『好転する』というのが『真光に入信する』という教えをする幹部・組み手が存在します。
そうしますと『●●さんを救いたい』と考えて【●●家先祖代々】という形で御奉納することになります。

これは『●●さんが入信するまで』もしくは『●●さんを入信させるのを諦めるまで』続くのです。


結論『祈りにお金は不要』です。

邪教をまず、辞めなさい。

話は、それからだ。

真光系統に入る者、魂を焼き焦がされますぞ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる