ここから本文です

弁護士業務(債権回収)を事務員(資格なし)ができるか? 通販の料金後払いの定...

shonankingno1さん

2014/11/518:55:16

弁護士業務(債権回収)を事務員(資格なし)ができるか?

通販の料金後払いの定期購入であった出来事です。メーカーに定期購入を電話で契約解除を申し入れても商品を送り続けてきました。

その債権をとある弁護士法人(弁護士法人の社員は弁護士に限る)の事務員(弁護士では無い)が電話で取り立ててきます。取り立て自体は弁護士本人の仕事だと思うのですが資格の無い事務員が電話で取り立てるのは弁護士法人のなかでは許されるのですか?オペレーターみたいな事務員が多数在籍してるようです。新しい弁護士法人の経営スタイルみたいなのですが?! 教えてください。

補足追伸、メーカー直営の通販で後払いを選択し代金回収業者が弁護士法人に委託してるみたいです。

閲覧数:
314
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/11/717:49:38

委任契約書の内容によると思います。
弁護士との間で委任契約書に債権回収・事務員(資格なし)にすれば弁護士の事務所の事務員は債権回収に協力できないと形になると思われます。
電話で応対などを受け付けているなら事務員の方は弁護士の代理業務を行っていると思われます。
事務員が弁護士と合わせる形を選ぶ場合は法律相談料を支払う形の予約制を設けておられると思います。
事務員の電話での受け付けはあくまで弁護士に会う日程・予約であり、法律相談料の時間を決めて弁護士と面会する形になっているものと思われます。

  • 質問者

    shonankingno1さん

    2014/11/0902:08:52

    ありがとうございます。ちょっと私の説明が悪かったですね!今回の相談は私(消費者)が健康食品通販でのトラブルです。私に対してメーカーの代理集金業者が委任した弁護士法人の対応に対して疑問があるのです。その経緯は私に定期購入を促すメーカーのセールス電話で一時は購入しましたが、2ヶ月して効果が無いと判断しメーカーサイトに電話して購入の継続を解約しました!しかしその後も商品がポストに届きコンビニ払いの納付書も同封されてました。それが3カ月続きましたが電話で解約済みなのでほっときました。弁護士法人から支払い督促の手紙が届き、そして電話がその弁護士法人から入りました。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。