ここから本文です

原発再稼働に同意した鹿児島県知事は「人殺し」?

blu********さん

2014/11/1012:57:19

原発再稼働に同意した鹿児島県知事は「人殺し」?

「地元同意は取れていない!鹿児島県民の6割が再稼働反対だ!」
「原発は非人道的な電源方式。原発を動かすだけで多くの人が死ぬ」



・・・

『緊急声明:川内原発再稼働・民意無視の鹿児島県知事・県議会の「地元同意」に抗議する。NGO10団体が共同声明』2014/11/9

「川内原発再稼働を許すな!11・7緊急国会請願行動

避難計画はずさんで要援護者を切り捨てている

避難施設は津波等の危険区域に設定されたままで違法状態

巨大噴火の予測は不可能との火山学会の警告も無視

本日11月7日、鹿児島県議会は川内原発再稼働賛成の陳情を可決し、伊藤知事も再稼働に同意を表明した。福島原発事故が収束の目途すら立たない中で、県内の住民説明会での反対意見、いちき串木野市での住民の過半数を超える署名、周辺自治体からの再稼働反対・廃炉決議等に示された、多くの県民の反対の声を踏みにじる行為に強く抗議する。

避難計画は、実効性がなく、住民の被ばくを避けることはできない。要援護者の避難先さえ決まっていない。さらに、一時避難場所や避難所の一部は、津波等の危険区域に指定されたままであり、住民の安全を守ることはできず、4月に改正された災害対策基本法等に違反した状態のまま放置されている。重大事故時に、避難先がないという事態を招きかねず、住民の安全を守ることはできない。

日本火山学会は11月3日、巨大噴火の予測が可能であることを前提にした原子力規制委員会の火山影響評価ガイドの見直しを提言した。火山学会原子力対応委員長は、川内原発の火山審査についても批判している。九州電力は鹿児島県議会において、巨大噴火の前兆は数十年前に現れ、核燃料の搬出に十分に間に合うとの見解を根拠なく示し、伊藤知事もこの説明を受けて、火山リスクは問題がないとしていた。しかし、この見解は、火山の専門家による科学的知見とはかけ離れたものであり、これを鵜呑みにしては、県民の安全を守ることはできない。

川内原発の保安規定の審査は続いている。モニタリングや核燃料搬出方針など具体的な検討はまだこれからである。原子力規制委員会は、火山学会の提言を受け止め、川内原発の審査を止め、火山ガイドの見直しに着手しなければならない。

このような状況であるにもかかわらず、安全性を軽視し、民意を踏みにじる再稼働同意は許されるものではない。

鹿児島・九州・全国の運動が一層連携して、川内原発の再稼働を止めよう。

反原発・かごましネット/避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)/原発避難計画を考える水俣の会/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/福島老朽原発を考える会/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会」



・・・

◆原発を再稼働する正当な理由など1つもない!

・地震火山国の日本列島では、原発の安全化は原理的に不可能。
・川内原発がちっとも安全ではないことは、誰の目にも明らかだ。
・原発再稼働で、国家の破滅、国民の命が危険にさらされる。
・国民の大多数が原発再稼働に反対している。
・原発ゼロでも、九州も関西も北海道も全国で電力はあり余っている。
・原発ゼロでも、電力10社中9社が黒字。
・原発ゼロでも、燃料費もCO₂排出量も劇的に減少を始めた。
・原発再稼働のために、九州他電力5社の地域で、再生エネの主力「太陽光と風力とバイオマス」が殺される。
・原発の本当のコストは、太陽光や風力よりもはるかに高い。すさまじく高い!
・福島では、小児甲状腺がんが異常多発し、急性心筋梗塞の死者数も増加。本来住んではいけない高線量地域に人々を帰す。
・原発の燃料であるウランの採掘現場の地元では、多くの人が奇病で死んでいる。



◆再生エネの出力変動は、蓄電池なしで調整可能!

再生エネ比率
欧州=「20~50%」(太陽光と風力が中心)
日本=「2%」(水力を除く)

ドイツの5月のピーク時の再生エネ比率は「73%」、スペインは「53%」、しかも変動調整のために蓄電池は使わないし、系統の孤立も障害にならない。

日本でも、揚水/広域連系/火力で調整可能だ!



◆原発を再稼働して維持すれば

・原発4800万kWも、石油火力4650万kWも廃止できず
・電力自由化は骨抜きとなり、公正な自由競争は起き得ない
・電力業界の莫大な無駄がそのまま温存され
・百万年の管理費用が必要な核廃棄物が増加し
・中間貯蔵施設追加/安全化費用/賦課金/廃炉費用などが加わって
電気代は下がるのでなく、将来に渡って限りなく上がって行く。
日本経済が根本から疲弊して行く。




いちき串木野市,川内原発再稼働,火山学会,FoE Japan,鹿児島県議会,伊藤祐一郎,川内原発

閲覧数:
451
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

c20********さん

2014/11/1500:57:26

(序)鱈腹、九州電力の毒饅頭を『美味しい美味しい』と食べ続けて居るのは、伊藤祐一郎や岩切秀雄等の地方不良政治業者とそのファミリー企業、九州経済連合会等から構築される【九州原発マヒィア】と中央の政財官学暴似非右翼マスコミ等から構築される【原発マヒィア】で在り、川内原発の場合には中央政界は別にして川内原発の過酷事故のA級戦犯は伊藤祐一郎が筆頭格と言明するモノであります。
鹿児島県知事は、9割前後の反対の民意を無視して、稼動すると人が死ぬ電源方式で在る原発の再稼動を『満を持して確信犯的に同意』しており、明らかに大量○人犯と言えるのであります。
(1) 杜撰な『避難計画』で要援護者を見殺しにし、避難施設は津波のハザードマップ等との整合性が無く危険極まりない違法状態の場所に在り、火山の【破局的大噴火】等の巨大噴火のリスクが在って、それを聞いた予知する事は日本火山学会も火山学者も不可能と警告しており、原発の存在自体が許され無い事は明白であります。
(2) 福島第一原発事故は原因の究明も成されず悪化の一途を辿っており、県内の住民説明会での多くの反対の声も無視し、いちき串木野市の市民の過半数の反対署名も姶良市議会の1名を除く圧倒的多数で可決された【川内原発運転停止・廃炉要請決議】も無視して、鹿児島県議会は31の反対の陳情書を否決して『自作自演』の賛成の陳情書を可決して、伊藤祐一郎は同意を決めて仕舞い、鹿児島県のみ成らず九州全域や西日本全域、更には関東地方や東北地方も日本海側を含めて広域に高線量汚染させる川内原発の再稼動を強行し様としており、過酷事故が起きるべくして発生した場合には死刑にすべきは常識と思うのであります。
『避難計画』の実効性の無い事は既述の通り明白で在り、5kmでも10km圏内でも見捨てて仕舞う事を言明している鬼畜県知事は、物理的排除されるか天罰の様な難病に罹り云々は山口県の前知事等にも在り期待するモノであります。
(3) 九州電力は鹿児島県議会において、【巨大噴火の前兆は数十年前に現れ、核燃料の搬出に十分に間に合う】との根拠の全く無い捏造した珍説を示しており、これを追認した原子力規制委員会には重大な違反行為が認められ【適合性審査は無効】にするべきであります。
日本火山学会の『原子力規制委員会の火山影響評価ガイドの見直しの提言』をも無視して、田中俊一は逆ギレして『そう言う事はもっと早く示して社会的責任を果たせ、寝ずの番を日本火山学会は行って予知しろ』との主旨の妄言を吐いており、伊藤祐一郎も九州電力の捏造した珍説を支持して『火山リスクは無い』と断言しており、正に【確信犯的殺○予備行為】を遣ろうとしておると言えるのであります。
(4) 川内原発の保安規定の審査は続いており、モニタリングや核燃料搬出方針など具体的な検討はまだこれからであり、原子力規制委員会は火山学会の提言を受け止め、川内原発の審査を止め【火山ガイドの見直しに着手】しなければならない事は当然で在り、そんなに無駄な原発を再稼動したいなら、「新規制基準」も無効として新たな【原発安全確保規制基準】等に改めて、実効性の有る『避難計画』や『火山リスク』等の自然災害や複合災害等の審査を厳格に変更し、更にはテロ対策や事故収束部隊・組織を先に発足させて訓練を繰返す等々の実績を積むべきであります。
百歩譲って再稼動をするにせよこう言う体制を構築出来無い限りは、再稼動論議など時期尚早で断じて認める訳には行か無いのであります。
正に、安全性を軽視し、民意を踏みにじる再稼働同意は許されるモノでは無いのであります。
(5) 原発は、大多数の国民が再稼動に反対しており、火山・地震大国と言う【立地不適格国】の日本国には在ってはなら無いのであります。
安全性を求めるのも原理的に不可能であり、1基当り1,000億円も要しGTCCを300〜500万kW分も建設出来る巨費が無駄金に成るのであり、これも無意味かつ認められる事では無いのであります。
原発ゼロで電力は余裕で在り余っており、石油火力からGTCC等の先端火力にリプレース・新設する企業努力を故意に怠り高い石油燃料費で多額の赤字を出し続けるのは自業自得で在り、斯様な理由で不安定電源の最たる物を稼動させる事も許され無い事は明白であります。
原発コストは廃炉や放射性廃棄物の処理・保管、過酷事故の収束・補償コストを加えると、200円/kWhを超えるとされ、不採算極まりない【国家ぐるみの壮大な粉飾決算】により存立していたので在り、民間企業が保有して居たのがそもそも狂って居たのであります。
ウラン採掘現場周辺での『イエローケーキ』や原発立地周辺での被曝健康被害は世界中で顕現化しており、人類を不幸にして絶滅させる為に存在する様なモノと言えるであります。
正に、原発は【不幸発生装置】で在り、速やかに全世界で廃絶すべきと思うのであります。

(序)鱈腹、九州電力の毒饅頭を『美味しい美味しい』と食べ続けて居るのは、伊藤祐一郎や岩切秀雄等の地方不良政治業者と...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lap********さん

2014/11/1013:02:15

質問が長すぎるわ。
原発由来のいろんな「まんじゅう」を、何十年も前から「超・先食い」している連中がぎょうさんおるんだから仕方ないやんか。
そうでなけりゃあんなところに新幹線の駅なんてできるわけねーだろ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる