ここから本文です

中国杯のアクシデントについて 羽生選手の怪我や脳震盪についてのコメントが多...

ハスミンさん

2014/11/1109:20:14

中国杯のアクシデントについて

羽生選手の怪我や脳震盪についてのコメントが多く見られますが
放送を観ていて相手の閻涵選手の方が脳震盪の危険性が高かったと思います。

ぶつかったのは顎のように見えましたし
羽生選手が座っての治療の間、長く起き上がれなかったのも心配でした。

絶対棄権と思っていたのに出て来た時は本当に驚きました。
次の日インタビューに答えていたので大丈夫だったようですが
当日どのような判断がされたのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいますか?

閲覧数:
260
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kku********さん

2014/11/1112:44:07

当日の様子は既に他の回答者さんがお答えになっておりますが、閻涵選手に関しては本当に心配です。
翌日、下のような報道が出ています。

<フィギュア>羽生と激突の閻涵、コーチが当時の状態を語る=「物が二重に見えていた」―中国メディアhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000022-rcdc-cn

私は医療関係者ではありませんので判断はできませんが、あのぶつかり方、あれだけ長く倒れていた上に物が二重に見えていた、これをどの様に判断すれば良いのか。羽生くんより重症のように見受けられます。
レントゲンを撮ったとは聞きましたが、それだけ?MRIや精密検査は行ったのでしょうか?しかも当日は車椅子とはいえ、バンケットに出席までしています。あの時点で十分な検査が受けられていたとはとても思えません。
羽生くんは日本の最先端医療で手厚く診てもらっているでしょう。ある意味安心です。
閻涵選手選手、本当にきちんと診てもらえていたら良いのですが。
もしこれで後遺症などでこの先活躍出来なくなってしまったらと思うとゾッとします。
彼は、迫力のある雄大で美しいスケーティング、驚くほど幅のあるジャンプを跳ぶ素晴らしい選手なんですよ。

  • 質問者

    ハスミンさん

    2014/11/1116:10:42

    私も閻涵選手は好きな選手の1人です。
    しっかり療養して
    後遺症が出ないことを祈っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/11/11 19:33:21

降参 記事のリンクありがとうございました。
やはり心配な状況だったんですね。

他の方も回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

msk********さん

2014/11/1110:08:56

開催国の選手、それも実力的には1番手と目される選手だというのに

リンクサイドで倒れたまま、ほったらかしにされてました。

オーサーコーチが個人的にアメリカ選手団に随行していた医師にお願いしてくれたおかげで 簡単な観察(検査はしていません)と止血処置をしてもらえた羽生選手がリンクに戻ってきても
まだ倒れたままで コーチも傍に座り込んでどうしたら良いのかわからない様子でオロオロと泣きそうになっていました。

羽生選手が「ハンヤンはどこ?大丈夫だったんですか?」と様子を見に行ったころいなって、(これはおそらく 羽生選手を見てくれた医師が衝突した相手の選手のことも・・・と気がついて声をかけたから)運ばれて行きましたから

大会本部も(国も)かなりお粗末な対応という印象でした。


質問主さんもご覧になった通り(自分も生中継で放送を見ていました)
ハン・ヤン選手が打ったのはボクシング選手がノック・ダウンをとるために狙う顎でしたから 彼のほうが脳震盪を起こしていた可能性は高いです。

羽生選手は日本に帰国して脳の精密検査も受けたみたいですが
それよりもかなり早く ハン・ヤン選手に関しては「胸部の打撲(全治4日程度)」だけだという発表があったみたいですが
ホントかなぁ、ちょっと乱暴かつ早すぎる結論の出し方では無いのかなぁ・・・
という印象を個人的には持っています。

(二年前に同じ大会で衝突し棄権した中国の宋楠選手は全治2週間の頚椎症でしたし)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

非公開さん

2014/11/1109:58:42

エンカン視点だと
アクセル跳ぼうとして後ろ向きに助走→振り返ると人がいた→跳べば自分は軽傷になるがとっさにやめて回避するよう頑張るもムリ→羽生選手の頭がアゴに、肩が胸に入って転倒→パニクりながらもフィギュア選手の条件反射で転倒後すぐ起き上がる→相手も倒れてる、どうなったんだ?→選手退場命令でとにかく自力でリンク外へ→でも、フラフラしてきてバックヤードまで行けずリンクサイドでダウン→起き上がれず欠場の意思→羽生選手が励ましに来た→え?滑るの?→6分間練習に出れる状態ではない→でも、地元だし出たい出よう→案の定ショート3位から6位になり事故のせいで表彰台逃す

→検査(脳の精密検査してない可能性あり、かなり簡易だった模様)昼頃には自分と羽生ファンの憶測を知ってTwitterでつぶやく
「不慮の事故が二人を襲った、どちらか一方が悪いわけではない」
→アゴと胸は4日くらいで痛み取れるから大丈夫だよと発表

こんなかんじです
まあ、中国ですからね
日本でもいいし、海外でしっかり精密検査した方がいいかも
脳震盪っていろいろあるから、アゴはボクサーでもやられる部分だし

ジャンプ体勢に入ってる選手は対応できませんからよけてあげないといけないので、羽生選手がよけてあげれればよかったけど彼も後ろ向きにで前を見てなかったんで、どうしようもできずあんな悲劇的な事になりました

4回転ジャンプ大会になってるし、今季からジャンプのルールは、同じの何回も跳ぶなだのエッジだのスッ歩抜けだのくそうるさいじゃないですか
しかも名前呼ばれたあと30秒に短縮、違反は減点。選手焦って当然

なのにグランプリシリーズ10人から12人に戻して6人で6分間練習することに
ISUや各国の理事ってゴミだよねー
なんで息してんのかしら、老害だわ

まあそれでもみんながんばって対応してるから、衝突そのものは自分は普段もっと混雑した中で練習してるし避けれるという、ある意味危険へのマヒや慢心もあるでしょうし、選手の不注意は不注意ですが

衝突は普通にあるのでルール変えない協会はもっと慢心マヒしてる

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる