ここから本文です

ディーゼルエンジンは何故負荷をかけると燃費が悪くなるのですか?

chi********さん

2014/11/2018:38:39

ディーゼルエンジンは何故負荷をかけると燃費が悪くなるのですか?

わかる人いらっしゃいましたら教えてください!

閲覧数:
758
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suk********さん

2014/11/2018:46:55

ガソリンエンジンでも同じですが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuu********さん

2014/11/2211:21:31

簡潔に答えます。

ディーゼルだけとは限りませんが、運転時には回転数をスイッチ等で上げてガバナを調整します(燃料の噴射量を変え、シリンダ内の爆発力が変わり、回転力が変わる)

しかし、このまま負荷をかけてあげると当然、回転数も下がりますよね。
しかし、設定した回転数で走るようになっているので、失った回転数分を増やすためにガバナを通じて燃料の噴射量を増やします。

燃料消費率とは単位時間,単位出力当たりの燃料消費量なので
燃費が悪くなる。という事です。

eku********さん

2014/11/2022:54:39

クルマは負荷がかかると当然アクセルを踏みますね。ディーゼルエンジンはアクセルを踏むとそれだけ燃料を多く噴射します。つまり、アクセルペダルは基本的に燃料噴射量の調節をしているのです。
それに対して、ガソリンエンジンはアクセルを踏むとスロットルバルブが開きます。それによってシリンダーに空気がたくさん入ります。ガソリンの量は基本的に空気の量に比例しますので、吸い込む空気の量が増えた分だけ燃料を多く噴射します。
ですので、ガソリンエンジンも負荷がかかれば燃料を多く使うのは変わりませんね。
問題は、負荷があまりかかっていない時です。
ディーゼルエンジンは負荷があまりかかっていない時は、空気の量に関係なく燃料の噴射量を少なくしています。ところがガソリンエンジンは常に空気の量とガソリンの量の比率(空燃比)は一定ですから、低負荷の時には空気の量を絞らなければいけません。それを行っているのがスロットルバルブです。つまり、低負荷時にはスロットルバルブが閉じています。これによってエンジンが空気を吸うときに大きな抵抗が生まれます。(ポンピングロスといいます)これが馬鹿にならなくて、低負荷時に燃費を悪化させる原因となります。
ですので、ガソリンエンジンは比較的負荷をかけたほうが燃費効率が良い場合があるのです。
この燃費効率を最大限に良くしようと考えているのがトヨタのプリウスやアクアです。低負荷になる時にはエンジンを使わずにモーターを使い、エンジンを使う時には比較的高負荷の燃費効率がもっともよい領域で運転します。
ほかにも最近のガソリンエンジンは可変バルブタイミングをうまく使ってポンピングロスを減らしたり、ターボによる加給を行ってポンピングロスを減らす努力をしています。

joh********さん

2014/11/2019:05:46

エンジンのパワーは、燃料と空気をどれだけ燃やすかで決まります。
つまり負荷が増せばエンジンパワーが必要になり、必然的に燃料の消費が多くなるだけなんですけど・・・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる