ここから本文です

内閣総辞職と衆議院解散の違いはどういうことですか?

natumikan_1128さん

2014/11/2522:53:19

内閣総辞職と衆議院解散の違いはどういうことですか?

閲覧数:
2,464
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/11/2523:25:04

衆議院で内閣不信任決議が通った場合のことですよね?

内閣総辞職は、それはつまり「わかったよ。オレはもうダメだというなら、オレは素直に降りるよ。だからさっさと次の総理を決めてくれよ。」っていうことです。この場合は衆議院選挙はやらず、今の議員たちのままでもう一度総理大臣の選び直しの投票を行います。

解散はですね、それはつまり「おー、いい度胸だワレ。どっちが正しくてどっちが間違っているか、国民に聞いてみよーじゃねーか。選挙でシロクロつけようじゃねーか。お前ら負けて泣いても知らねえぞ!」ってことです。


ではもう少し詳しく。
解散して総選挙やったら、その選挙の直後に必ず特別国会と言うのを開いて、そこで必ずすぐに総理大臣の選び直しをすることになっています。ということは、新しく総理になるのはその選挙で勝ったところのボスのはずです。そして、解散をする前に総理をやっていた人がそのまま選ばれて続けることもできるのです。つまり、選挙でシロクロつけることができるとう仕組みです。

それに対して内閣総辞職をすれば、選挙にはなりません。これは総理が戦わずに降伏するようなものです。
ではなぜそんなお人よしなことをするのか?ダメ元で解散して総選挙で勝負をかけないのか?
それはですね、選挙するよりも内閣総辞職の方がまだ自分の勢力を残せる可能性だってあるわけです。「よし、わかった。オレは身を引こう。そのかわり次の総理選びには口を出すぞ。」みたいなことなわけです。「次の総理を選ぶときにはオレは○○を推す。」ということをやるのです。こうすれば○○新総理は恩があるので、その後も元総理に気を使いながら政治を行うことになります。つまり、総理の座を降りてもある程度自分の影響力を残せるのです。

まあ、だいたいこんな感じです。

  • 質問者

    natumikan_1128さん

    2014/11/2600:03:18

    わかりやすく説明していただいてありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。