ここから本文です

先日息子が自転車で走行中に警察官に声を掛けられたのですがそれを無視したところ...

eig********さん

2014/11/2610:44:20

先日息子が自転車で走行中に警察官に声を掛けられたのですがそれを無視したところ、腕をつかまれ転倒しました。
現場の警察官に罵声を浴びせられた為他の警察官を電話で呼んだところその行為に対しても罵声を浴びたそ

うです。
別の警察官に事情を説明したところ怪我に対しては事故扱いにすれば保障出来るかもしれないと言う事で現場検証をしたみたいです。(その時は腕の打撲だけだと感じていた)
家に帰ってから足の親指から出血していて痛みもひどかったので医者に行ってみたところ親指の骨にヒビがはいっているとのことでした。
その旨警察の担当者に報告したところ驚いたような反応で、治療費に関しては上司に報告しないと回答出来ないとの事でした。
息子が医者に行く前に私も担当者に電話でトラブル時の事情を聞いたのですが、その時は「息子がイヤホンをしながら自転車走行中していたので注意しようとしたところ、無視したので引きとめようとして腕をつかんだ」との事でした。
ところが翌日担当者の上司から電話で「今回の件に関しては警察署としてはなんら問題のない対応だったので治療費等の保証は出来ません。」との事でした。
「今回は職務質問しょうとしたところ逃走しようとした為の行為なので警察としてはなんら問題はありません。」という事でした。
疑問点は「注意しようとした」から「職務質問」に変わっている点、「事故扱いにはなっていない」という点です。
警察官であれば相手に怪我をさせても責任は負わなくてもよいのでしょうか。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
1,614
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oda********さん

2014/11/2610:54:03

そもそも危険運転行為だって理解していますか?
警察官は停止を指示したのに停まらなかった=逃走をはかった。って事になりますがそれは理解していますか?
怪我は「逃走」したあなたの息子の自業自得であって、それで警察をどうこう言うって間違っていると思いますよ。
警官の制止に気が付かないのであれば、その他の一般者に危害を加える恐れがあると判断されても仕方ないと思いますがどうでしょうか?
警察説明が2転3転しようが、あなたの息子がやったことは正しくないですよね?怪我をしても仕方がない行為をしたあなたの息子が悪いと僕は思いますけど?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

par********さん

2014/11/2913:04:12

酷いクソゴミ警察官ですね!

私も同性愛者の警察官に痴漢されたことがありますが、抗議をしても意味があまりないのが現状です。

それ以降私はどんな警察官の職務質問も動画に収め、動画共有サイトにアップロードしています。

今回被害に遭われた息子さまにも次からはこのように人権を奪われないように動画に収め職務質問には一切協力しないように教えてあげてください。

酷いクソゴミ警察官ですね!...

nad********さん

2014/11/2818:27:53

あなたが何をしたいのかそしてどこまで望んでいるかです。そういう事ではなくただ質問されている事の回答なのか。


>疑問点は「注意しようとした」から「職務質問」に変わっている点、「事故扱いにはなっていない」という点です。
警察官であれば相手に怪我をさせても責任は負わなくてもよいのでしょうか。

言い逃れをするためです。

「注意しようとした」と言えば、捉え方によっては幅が広い言葉ですが、職務質問と言い換える事で警察官の公務だと強調したかったんだと。そして仕事の手順は間違ってなく問題はなかったと言うためでしょう。

>「事故扱いにはなっていない」

事故として現場検証しているのであれば事故処理されていると思います。向こうが言ったのでしょうか?ですが事故証明を請求すると絶対渋ると思います。あなたが何もしなければ事故として処理しても影響はないです。


息子さんが怪我された時、「保証ができるかもしれない」と言った警察官は軽い打撲とちょっと出血した程度でちょっとした怪我と思っていたかもしれません。ですが骨にヒビが入ったとなると全治2~3ヶ月かかり傷害罪も問われかねないレベルになります。

キット、最初は想定される範囲の事で話を進めてたが事情が急変したのだと思います。担当者と電話で話したそうですが始めは渋ったりせず保証の方向で話を進めていたのに骨にヒビが入った事を言った瞬間から対応が変わったりしませんでしたか?保証の事ではなく、この件については自分では対応仕方が分からないと言ったニュアンスはなかったでしょうか?

これはマズいと思って上司に変わったんだと思います。そして上司から警察側には職務を遂行しただけで過失は全くありませんから保証はできません。腕をつかんだのは逃げようとしたからだ。と言い切って(完全否定しないと追認性が発生するかもしれません。)逃げてます。担当者と言ってる事が違うと言っても部下の案内ミスでした。とか言われるのが落ちです。



選択枝があります。

・この件はこれで終わりにする。

これが一番いい方法です。自分が納得できるようにするには労力、時間、お金が必要です。警察に責任が無いわけではありませんが、あなたの息子さんにも問題があった訳ですからこれで諦める。

・警察署に怒鳴り込む

ある種の適性が必要です。警察も職業柄、普通に怒鳴り込んでも相手が上手です。警官は○○さんと相手は名前で呼ぶようにして前後の事は無視して「○○さんから怪我をさせられた」という事実のみ取り上げ「他人を怪我させたのなら保証する事は常識。」と人としての常識論や非ではなく犯罪者(傷害、骨にヒビまで入れて言い逃れまでしようとしてかなり悪質)と決めてかかって抗議してください。おたくの○○さんから重症を負わされた。事の起こりや途中は一切関係なく○○さんが大怪我させたというのが論点です。法的な議論はしない。向こうが持ち込んでも全く理解できないふりや抑えて常に自分のペースで。当事者は呼ぶ、他が集まってきても複数相手しないで他は無視して一対一で話してください。当たり前ですが罵倒や脅しとも取れるような事は絶対いってはダメですよ。落としどころは治療費の保証でそれ以上は言わない事。それ以上言うと開き直られたり、経験はないですが何かしらの因縁をつけられるかもしれません。感情的なのは演技のみで頭の中は冷静に。感情的だと思ってもない事言われたら気転がきかずすぐに切り返しができません。

話が纏まると、「私は治療費の保証以上の事は望みません。また告訴、他言しません。」みたいな事を一筆書いてくださいとお願いされると思います。これが欲しいのでしょうが自分の裁量では処理できませんのでこれを交渉材料になんとか努力してみますみたいな感じだと思いますよ。

これは治療費が目的で自分が正しく、警察の方に非があるという事ではありませんのでプライドも守りたいのであれば法的にしかありません。

また慣れも必要で速度超過や駐車違反等の軽い交通違反はなくして貰うくらいの交渉力は必要です。警察側の非と自分の正当性を言ってどうにもなりませんから。こんなのも警察の非ではなく警察官による犯罪の恐れを疑うんです。


・法的な理論武装をして自分の正当であると言い負かす。場合によっては告訴も辞さない。

私は書籍やメディア、ネット程度の知識で法律に関してはにわか知識で何も言えないですが・・・。調べて法的な警察対応の問題点をつついたところで水掛け論でどうにもならないと思います。表面的な問題(そんなの水掛け論です)ではなく、もっと痛いとこをついていかないと無理です。素人には難しいでしょうからプロに頼むしかありません。弁護士の先生に相談したり、先生に頼み警察と交渉してもらうのがいいと思います。よく分かりませんがプレッシャーを与えるためにその警察官を告訴してみたりプロなりのやり方があるとおもいます。


・地元警察でしたら人脈を利用。

他の警察機関に相談してみるのもいいですが、相当な事でないとなかなか動いてくれないと思います。それよりも人脈に地元警察に顔が利く方がいれば相談するのも手ですが内容が治療費に関してですからやめておいた方がいいですね。一応、警察機関にはクレーム受付窓口がありますのでやるだけやってみたらどうでしょうが。


まとめ

相談窓口に相談するだけして諦める。また弁護士の先生にから意見を聞くいて、労力、費用、等考えて諦めるなり、立ち向かうなりい決めたがいいと思います。非常に腹が立ちますがお子様がイヤホンしながら自転車乗ってたのも危ないです。警察官の対応としても間違ってますし、怪我をさせた方が悪いのは決まってます。がやり切れないですね。

gh7********さん

2014/11/2719:33:01

>piccolo_papaさん へ

>道徳的にはあなたの息子さんの行動は褒められたものではありませんし、
>警官の呼びかけに無視したわけですから。。。ね。。。

警官が職務質問をして、その質問に答える答えないは任意なので、法的には特に無視して走り去っても何の問題もありません。
警察官職務執行法でも答弁を強要されることはないと明記されています。

また、道徳的に考えるのであれば、警官の行為によって転倒事故が引き起こされ、少年に怪我をさせたわけですから、道徳的に考えると警官が医療機関に少年をつれて行ってまず治療をして安全の確認をし、その後に現場検証をして、「私の行為で怪我をさせてしまったので、誠意を持って治療費などの賠償をする」と約束するのが妥当でしょう。
それを怪我をした少年の手当ても救護もせず、骨折の痛みに耐えている少年に罵声を浴びせたというのは警官が道徳的に反しているとしか言いようがありません。

>逃走しようとしたといわれても仕方ない状況ではあります。

上記の法令に則って考えてみると、警官の質問に答えずにそこから走る去るのは問題がない行為なので、逃走しようとしたと考える方がおかしいでしょう。

>ということに対して自己扱い(事故扱い)で正式に届け出たのでしょうか?

警察が事故扱いにして現場検証したと書かれているので、当然、事故処理されているはずです。

>現在は相手が警察とか関係なく示談中の状態だと思います。

示談であれば、警察側から「今回の件に関しては警察署としてはなんら問題のない対応だったので治療費等の保証は出来ません。」と回答してくるのはおかしいでしょう。
実際に怪我をさせたわけですから、具体的な治療費と慰謝料についていくら出すかという話をしてくるはずで、他人様に怪我をさせたのに保障はしないという連絡はおかしいということになります。

pic********さん

2014/11/2712:58:38

その時の状況が文面だけなので良くわかりませんが。。。
結果つぃて警官の行為があなたの息子さんを怪我させた、ということですよね。。。

道徳的にはあなたの息子さんの行動は褒められたものではありませんし、
警官の呼びかけに無視したわけですから。。。ね。。。
逃走しようとしたといわれても仕方ない状況ではあります。

その中で。。。
>事故扱いにすれば保障出来るかもしれない
ということに対して自己扱いで正式に届け出たのでしょうか?

現在は相手が警察とか関係なく示談中の状態だと思います。
示談で決着つかないのであれば。。。
民事裁判ということになります。

刑事的には、傷害罪が適用されるかどうかですね。。
もしな得意かないのであれば弁護士に相談しましょう。

警察官の上司の発言を見る限り。。だいぶ警察官、および自分たちを
守る不幸に入っていますので感情的になっても物事が進まないと感じます。

そんなに法律に詳しくはありませんが。。。。

警察官を無視した息子さんの行為と
息子さんを怪我させた警察官の行為は別に議論されるべきと思います。

ito********さん

2014/11/2701:48:02

息子さんに警官に止められた時にイヤホンのことについて指摘されたかを聞いてみてください。
イヤホンをしていたから声をかけたというのは、少年に怪我をさせた警官が自分が犯した傷害行為から言い逃れするための後付けの理由かもしれません。

警官が声をかけた時にイヤホンについて指摘していなかったのであれば、息子さんは警官の質疑に答えなくともよいので、無視して走り去っても法的には何も問題がなく、それを無理やり自転車を転倒させて息子さんを抑え付けて止めたのであれば、単なる職務質問で拘束行為を行ったということになるので、警官が警察官職務執行法違反を犯していたことになります。

>別の警察官に事情を説明したところ怪我に対しては事故扱いにすれば保障出来るか
>もしれないと言う事で現場検証をしたみたいです。

これは警官が職務上で市民に怪我をさせた時によくやる責任逃れの常套手段です。
警官が少年の自転車に力を加えて転倒させて怪我をさせたのであれば、これは事故ではなく傷害事件となってしまい、公務上で市民に怪我をさせた扱いになると警官とその上官の勤務評価に傷がつくために、故意に転倒させたのではなく少年が偶発的に転倒して怪我をしたことにして、警官が自分が犯した罪から逃れようと画策して、本来は傷害事件なのに事故として処理しようとしたと思われます。
要するに、事故処理の方向にあなたを誘導するために、「事故扱いにすれば保障できる」とウソで騙してきたわけです。

警官が公務上の行為で市民に怪我をさせたのであれば、故意であれ、事故であれ、国が治療費を保障することになっているので、事故ではなく、警官に押し倒されて怪我をされたことにして処理してください。
こうすることによって、横暴な警官の勤務評定にも傷をつけてやることができます。

私の知人の元警官の話によりますと、自転車の市民に停止を求めても走り続けた場合に、その市民の自転車のかご等を掴んで引っ張って故意に転倒させて停止させるように東京ではすべての警察署で警官に指導しているそうです。
あなたも息子さんもこの警官の危険な停車のさせ方をさせられたということです。

https://www.youtube.com/channel/UCTTyqHUyxRcIXNNMSkQUyTw
このYouTubeのサイトの中の「【職務質問】絶賛抗議中 野方署前」の動画を見てみると、警察官が危険な自転車の停車のさせ方を常習的にやっているのがわかると思います。

>ところが翌日担当者の上司から電話で「今回の件に関しては警察署として
>はなんら問題のない対応だったので治療費等の保証は出来ません。」との事でした。

これも警官が市民に損害を与えたり、傷害行為を行った時の責任の言い逃れ常套連絡手段なので、聞き入れなくていいです。
少年の怪我が警官の公務によって引き起こされたのであれば、当然、警察に賠償責任が生じます。

ここで警察が非を認めてしまうと、国が賠償した賠償金を後から当該警官が自腹で負担させられるので、それを回避するために、「警察には責任がない」とウソの連絡をして、あなた方親子に泣き寝入りをさせようとしてこのような連絡をしてきたわけです。

>「今回は職務質問しょうとしたところ逃走しようとした為の行為なので警察としては
>なんら問題はありません。」という事でした。

これも、例え、逃走しようとしたと警官が思っても、警官には追跡時に市民の生命と安全の確保を行いながら追跡して身柄確保する義務があり、結果的に怪我をさせたのであれば、この義務に違反したことになりますので、なんら問題はないといってきたのは、明らかに追跡時安全確保の義務違反となります。

また、前記で「別の警察官に事情を説明したところ怪我に対しては事故扱いにすれば保障出来るかもしれない」と書かれて居たので、現場で転倒時に少年が怪我をしていた事実を警官が伝達されて確認していたわけですから、怪我をさせた市民を医療機関にも連れて行かずに現場検証を続行して救護を怠ったということで救護義務違反にもなります。
現場で怪我をした時に息子さんがビッコを引くとか、怪我をしたと警官にどのように報告したかの確認も再度細かくしてください。
もし、足が痛いと警官に伝達していたのに、それを警官が無視して罵声を浴びせるなどの行為をしていたのであれば、市民の生命と安全を守る義務がある警官が完全な救護義務違反を犯していたことになります。

上記の点について息子さんに細かく確認して当時の細かい状況の文書を作成し、警察署に行って再度話を進めて被害届けを提出してください。
その時に警察は責任逃れで適当に言いくるめようとしてくると思いますので、警官の言動をICレコーダーで隠し録音か小型のビデオカメラなどで隠し撮影してください。
その上で警察が取り合わないようであれば、事件の状況を詳しくまとめた文書を弁護士事務所に持ち込み、再度、弁護士同伴で警察に行ってください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる