ここから本文です

電車の座席のすわり方について疑問があります。

puyochan4771さん

2007/12/1522:39:01

電車の座席のすわり方について疑問があります。

どうして、電車の席には、みんな端からすわっていくのでしょうか?
また、端があくと、必ず端に座りなおしてしまいますよね。
そして両端がうまっていると、真ん中に座ります。
そして、真ん中がうまると、微妙にちょっとずつあけて席がうまっていきますよね。
そして最後に狭い隙間がのこり、無理やり誰かが座って、結局席を詰めなおしますよね。

毎朝始発の駅での光景なのですが、あれは何故でしょうか?
これは日本だけの現象でしょうか?

ボックスシートではなく、長椅子タイプの電車の座席でのケースです。

どうぞよろしくおねがいします。

閲覧数:
2,102
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/12/1604:48:55

私も見慣れた光景です。おそらく人間の心理なんでしょうね。
結局ロングシートの抱える問題は、自分のプライバシーを
少しでも余計に確保したいという乗客のエゴにより
もたらされるのです。

20m車で4ドアなら、通常ドアとドアの間は7人がけです。
この場合まず両端が埋まりますが、これはコーナーに位置し、
片側が仕切りかパイプなのでもたれられる上、他人と接する
ことが避けられるからです。さらに、背中に戸袋があるため、
後にももたれられて居心地が格段にいいのです。(ついでに
言えば、もたれたいのは特に進行後側に揺られる加速時なので、
同じ端でも後寄りの方が人気がありそうです)

次に真ん中が埋まりますが、これは他人と距離がとれるのと、
背中に窓の支柱があるため、これにもたれられるからです。

この時点で残りは4席なので、両側に2人ずつバランスよく
座れればいいのですが、たいていそうはいきません。
やはり人間は他人を避ける習性があるので、次の客は
両端と真ん中の間に座ろうとします。これで5人です。

さらに6人目が座る時点でたいてい真ん中にいた人が
どちらかにずれるので、定員7人の座席は、あちこちに
隙間を空けたまま6人で埋まってしまうのです。
こうなったら7人に改めるのは容易ではありません。

私は鉄道マンではないですが、この問題に鉄道各社が悩んで
いることはよくわかります。7人がけの座席を、東急は仕切りで
3-4に分割していますし、JR東日本はパイプで2-3-2に分割して
おり、苦心の跡がうかがえます。クッションに凹凸をつけて
定員の着席を促す車両も多いですが、効果はイマイチです。

この乗客と鉄道会社の戦いはいつまで続くのかと思いながら、
私は相変わらず電車を1本見送り、両端の座席を狙っています。

質問した人からのコメント

2007/12/18 15:37:42

素晴らしい分析をありがとうございました!
他のBA以外の方も納得です。無意識のうちにテリトリーがあるんですね!!

どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mhh_h2001さん

2007/12/1604:28:49

二種類の相反する欲求を同時に満たすのが端だから、です。

一つはパーソナル・スペースの確保。他の回答通り、他人と触れ合いたくない心理的な領域を確保したいのです。
もう一つは不安感の解消。何も無いと落ち着かず、手摺に寄りかかれる等で多少なりとも不安感を解消したいのです。

外人は日本の電車で座ってるところを目撃してない為、分かりません。多分、全席が優先席だから着席を格好悪いと思っているのでしょう。
また、外国に住んだことはなく、鉄道も利用してない為、分かりません。
人間の本能に基づく行為なので、恐らく同じだとは思うのですが・・・

hiahiroさん

2007/12/1523:43:00

普段乗っていて確かにそのとおりなんですが、別に疑問に思わないんですが。

海外の鉄道は乗った事がないので知りませんが、人間の潜在的な本能による慣習でしょうね。

ヒトも動物ですから集団生活(社会)を基本に生きていても自分のテリトリー(領域)を意識します。ヒトが他人を無視できなくなる距離は1m位と昔聞いた事がありました。1mは今の通勤電車で考えれば当たり前にテリトリーの重複がおきています。

ただ自然動物と違いヒトは慣習やマナーや思いやりで侵害されているテリトリーを他人に開放することができます(今はそれが出来ない人間が増えてきているが)なので満員電車でもなんとか乗り続けられます。

でもまだ混雑していない座席があれば、やはりテリトリーの部分が優先されてなるべく隣同士にならないように座るんでしょうね。

2007/12/1522:59:14

人間には「これ以上他人が近づくと不快になる」という範囲があり、
本当はある程度、周囲の人間とは距離をおきたいという意識が存在します。
電車の席の場合、両端であれば片側には他人がいない事による安心感。
両端が埋まっていれば、次にどちらからも最大限遠い位置になる中央部分。
という感じで席が埋まっていきます。
満員電車だと椅子がぎゅうぎゅうでも、立った状態で前後左右他人と密着してるよりは
マシなので、みんなぎゅう詰めでも座っているわけです。

また、ある程度空席がある電車でしたら、座らずに乗り降り口付近に立っている人がいますが、
これは、座って他人が側にいることよりも、立って周囲に他人がいないほうを選んでいるのでしょう。
(もちろん、乗車距離が短いので立っている場合もありますがw)

海外の場合、国民性や民族の性質によって違ってくるとは思いますが、
「他人に近づかれると不快になる」範囲は、人間であれば誰でも持っていると思います。

redboy_urawaさん

2007/12/1522:47:02

端に手すりがありよっかかれるから。
ちょっとずつあけるのは、隣の人の肩に当たりたくないから。

日本だけかどうかはわかりません。

2007/12/1522:44:22

端が一番離れた場所だからだと思います。
周りと距離を起きたいのだと思います。
それで、両端が埋まれば次に離れた場所となると真ん中。。
そういう風に考えていけばなぞは自然と解けていくような気がします。
私個人の考えですが・・・

>これは日本だけの現象でしょうか?
はっきりとは分りませんが、日本人の特徴だと思います。
恥ずかしがり屋というところがよく表れている気がします。
あまり隣に座りに座ったりしている所を見ません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。