有名私立大(早稲田大や中央大、青山学院大など)のレベルが下がっているのを聞きます。

有名私立大(早稲田大や中央大、青山学院大など)のレベルが下がっているのを聞きます。 そのようなことを言う人は、どのように考えて言っていると思いますか?「レベルの下がっている早稲田大にも入れない人は、生きる価値なし。」という意味で言っているのでしょうか?もっとも、ここで愚痴をいっても意味がないですが。

大学304閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

以前に、とある質問で 大学入試問題が易化しているというのがありました。 日東駒専レベルの大学だったんですが、 たしかに高校入試問題としても簡単すぎじゃね? と思える設問がありました。 なので、大学入試では全体的に問題が易化し、 学生の質が下がっているとの類推もできます。 一説では、今の早慶の学生の質は20年前のMARCHレベルとか。 あとは推して知るべし、ってことです。 少子化の影響で、 2007年度から大学は全入時代に突入しています。 必然的にFラン化する大学も増加していて、 大東亜帝国クラスの一部の学部学科では、 すでにFラン化が見られるそうです。 かつての難関大学も、昔の光今いずこなんでしょうかね。 ただまあ、早慶は腐っても早慶です。 それに合格できないからと言って、 生きる価値なしは言い過ぎでしょう。 まあ、大学全入時代なのに、大学進学しない人できない人は、 自分の来し方行く末を真面目に考えるべきだとは思いますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/5 17:24

その他の回答(3件)

0

もし、それが事実でしたら、地方から都会の大学に入る優秀な学生が減ったのではないかと思います。東京には大学数が132、短大が38あるようです。全国では、大学数は増え続け、現在783大学、定員割れ 45.8%の状態です。明らかに多すぎです。今まで、東京志向でしたから、東京にある大学は偏差値は高い大学になるのは当然でした。 先日、テレビの報道では、早稲田大学では、地方出身者の受験生が減って、3割程度のようで、奨学金の貸与と800人程度入れる寮を作ると報道していました。別の記事では、「いま、大学の地元志向が高まっていて、地方から東京の大学を目指す学生がどんどん減っています。早稲田や慶応クラスでも合格者の約7割が1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に住む人ばかり。言い換えれば、それだけ地方出身者が少なく“関東ローカル大学化”が進んでいるのです」。このような傾向は、小泉政権以来の規制緩和、格差拡大、低所得化、就職難、少子化等が影響しているものと思われます。日本の平均年収が約650万円と言うことで、この中から、授業料と生活費を工面するのは大変と思いますので、ますます都会離れが進行すると思います。学生が少なくなり、都会でも倒産する大学が生じ、本物の教育をしなれば生き残れない状況になると思います。

0

どこの大学、国公立も含め少子化で学生集めが大変。お金が無ければ存続が難しい。OA入試だなんてのも全入学者の何割という数字を入学させている。奇抜な学部を増やしたり有名国立の定年教官を京都産大のように招いたりとにかく学生数集めに必死。結果は想像の域を脱しないがレベルが低下しているのは否めない。誰が悪いかなんて言えないけれど競争社会に順応出来ない卒業生が増えているような気がする。大学を淘汰させるか全員入学させて卒業の条件(詳しくは知りませんが例えばフランスのバカレロア?のような国家試験?)をクリアー出来ない学生は卒業できなくすると大学もお金が入りあとは学生次第になるので今よりレベルは回復するような気もします。

0

ひとえに推薦入学者がレベルを下げているのは明白です。 一般入試ならまぐれ以外合格出来ないレベルです。 国立でも推薦入学者は少なくありません。 公立大学は私立以上に推薦が多いです。