ここから本文です

草履について 先日洗える着物と帯のセットを購入し、現在草履の購入を考えてお...

amakakerumono14さん

2014/12/117:10:31

草履について

先日洗える着物と帯のセットを購入し、現在草履の購入を考えております。

格式など決まり事はわかりませんので、教えてください。

デザインは今後どのような着物を着るか

わかりませんので、シンプルなものを考えております。
そして当方乳児がおり、今後歩きだしたら追いかけることも考えて、ヒールは洋服でもはくつもりはありません。

まずはヤフオクなどで安価なものを求めようと考えており、これに際して気をつけるべき点はありますか?
店頭での購入は考えておりません。
色や形などで、草履に決まり事はありますか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
1,155
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hrhgabrielさん

2014/12/119:26:50

1.フォーマルかカジュアルか

まず、履物は、「フォーマル・セミフォーマル」と「カジュアル」に分かれます。かなり守備範囲の広いものもありますが、完全に「両用」というのはありません。ですので、カジュアルな着物を着ることが多いなら、履物もカジュアル~ちょっとよそゆき位のものにしておくといいと思います。

フォーマル:例えば結婚式や入卒式など、フォーマル・セミフォーマルの場合(訪問着や付下げ、紋付の色無地など)は、履物もフォーマル。素材はエナメルや帯地、本革などです。エナメルの場合シルバーや薄色パールのもので、台はやや高め(5cm位~)。留袖や振袖のような第一礼装の場合は、履物もそれに合わせて豪華な正装用のものになります。金銀糸をふんだんに使った帯地のようなものもありますよ。いずれも、ぱっと見て豪華ではっきりとフォーマル感があります。

応用範囲が広いセミフォーマル~フォーマル草履
http://item.rakuten.co.jp/so-bien/zg1568ko-a11-3251/

カジュアル
カジュアルな履物は素材も形も様々です。草履もあれば下駄もあります。

カジュアルもセミフォーマルも両方いけるもの
本革の白~薄いグレーなどになるかと思います。安くはありません。革ですし、さすがに浴衣や、かなりカジュアルな着物には合いません。

2.洗える着物やカジュアル着物に合わせる

洗える着物というとまず普段着と考えていいですね。下駄でもいいし、カジュアルタイプの草履でもいいです。浴衣でおなじみの下駄ですが、二枚歯の下駄はかっこいいけど、子供を追いかけるとかには向かない(笑)。右近下駄は楽ですが、ちょっとカジュアル過ぎる場合があって、お洒落な小紋などにはちょっと合わない時もある。やはり、草履が色々な着物に合わせることが出来ていいです。3千円位の安い草履っていうとウレタン底・合皮台になる。でも、ウレタン底は底が滑るし、安い合皮エナメル風は草履の表が滑るし(上り坂はきつい)、数年経つと合皮はダメになる。安かろう悪かろうで結局金の無駄です。

草履も下駄も靴と同じで、台の大きさや鼻緒を足に合わせないと、すごくつらい思いをすることがあります。貴女の足のかたちがわからないのに、これがいいよっておすすめできないんですよ。あまり安いのは、ホントに履いてて楽じゃありません。人によって、足の形も違うし、特に足指の長さや甲の高さは結構違うものです。ところが、草履や下駄は、鼻緒を通す位置が決まってます(穴があいている)。指が長いから穴の位置をさげるとかできないんですね。鼻緒でそれを調整するんです。あと、サイズですが、これは鼻緒の調整の仕方でも変わります。ざっくりいって、1cm位は小さいものがいいです。かかとが草履・下駄のかかとから少しはみ出る感じ。ただ、草履なら多少かかとの位置が合わなくてもなんとかなりますが、下駄は合わない(下駄はかたいので)とホントに痛い。絶対合わせてもらってください。あるいは、サンダルが一番。

私は普段履きはこれです↓。安いウレタン草履の倍はしますが、長い間持つし、履きやすく快適だし、普段履きには文句なしです。

1.カレンブロッソ 鼻緒サンダル/カフェ草履

普段履きには万能。楽この上ないですね。まるでランニングシューズ。マジ走れますし階段やエスカレータもサクサク。鼻緒サンダルは、最初に出たのが2001年だったと思いますが、その時に買ったのが一代目。主として結構長く歩く時用に買いました。履きつぶし、2012年に買い替えた。10年以上持ち、今2代目です。サンダルは、夏物なら洋服にも合います。カジュアル限定で一足買うならコレが一番おすすめ。雨の日も、相当な雨でもなければ問題なく歩けます(足袋カバーはするけど)。なお、こういう色のが汚れにくくていいです。安いウレタン草履の倍以上しますけど…もう一つのタイプ「カフェ草履」は、ちょっとよそゆき位までOKのお洒落着用。ネットだとちょっと安いです。

http://item.rakuten.co.jp/so-bien/cb-320/
リンクが3つまでしか貼れないので、このサイトで「カフェ草履」で探してみてください。

2.舟形下駄
これも大変優れもので愛用してます。実は桐材の下駄なのですが、草履の形をしています。とても軽くて、船底なので、スニーカーみたいで足の運びがとても楽です。カジュアル着物には何にでも合いますし、ちょっとよそゆきまで使えます。タイプは黒塗り、白木、白仕上げなど色々あります。私は黒塗りと白仕上げを一つずつ持っています。黒塗りは小紋など、白仕上げは夏の普段履きです。探せば白木の台だけで2-3千円のものもありますが、桐はアクがでるので、足袋が染まることがあり、お勧めしません。できればこういう↓塗ってあるもののほうがよいです。

http://getaya.jp/3937/

安い白木の台は以下の「さいと」さんにもあります。このほかにも、右近下駄(ゴム底張り)も楽ですね。なお、「はきもの さいと」さんという楽天のお店は、足のサイズを測って送るとちゃんと鼻緒を合わせて送ってくれます。種類も多く質も良く、価格も手ごろでいいものがおすすめです。鼻緒も沢山あって安いです。鼻緒は裏がビロードで指のあたりが柔らかいものがいいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moguchan88さん

2014/12/119:24:46

きまりみたいなものはありますが、普段はくにはあまり気にしないでいいと思います。
ウレタン底の1000円ぐらいで買えるものがいいと思います。なんせ安いので。
気をつける点は、「重いものを買うと後悔する」
クツと同じですが、軽いにこしたことはありません。
普段履きには
・一段で
・軽く
・着物とあわせやすい色で(クツ感覚で)
・金銀がはいってない
ものが使いやすいと思います。
鼻緒は細いものでなく、スポンジいりのものがいいと思います。

2014/12/118:18:33

>デザインは今後どのような着物を着るかわかりませんので、シンプルなものを考えております。

洋装でも、お履物は服とのバランスを考えますように、着物でも“万能”なお履物というのは、なかなかむつかしゅうございます。

洗える着物の格は何でしょう?そして、どのような場面でお召しのご予定でいらっしゃいますか?

化繊でも、訪問着などで、式典などにご出席用でしたら、お履物もある程度、きちんとしたものがよろしゅうございますよ。小紋で、お友達とショッピングなどでしたら、足裏の当たりが柔らかいウレタン草履や、安いものご希望でしたら気楽な下駄(舟形など)も、合いますかと。
間をとるのでしたら、白エナメルが何げなくて、便利かと存じます。しかしこれは正礼装にはなりませんので、やはり着物次第…でしょうか。

>まずはヤフオクなどで安価なものを求めようと考えており、これに際して気をつけるべき点はありますか?
店頭での購入は考えておりません。
色や形などで、草履に決まり事はありますか?

ざんねんながら、足を合わせずに草履を求めますと、まず10中8、9、足に合いません。と申しますのは、草履は靴と異なり、台の大きさだけではなく「鼻緒の締め加減」でサイズを合わせるものですゆえ、出来合いは非常にむつかしゅうございます。

勿論、今ですとセンチやML…といった寸法の表記が、ネットで書いてあると思われますけれども、鼻緒は一指二指の間で、つまむくらいの位置がよく、奥までつっこんで履くことはいたしません。
また、かかとは「台からはみ出している状態」が、ちょうど良い履き方になります。足裏が全て乗っかってしまうものでは、台が大きすぎます。

すげたものをお求めになられましたら、出来るだけ履物屋で鼻緒を調整してもらうと、安心です。

色や形は、沢山申し上げることがありすぎて、ご説明しづらいですので、見つけたらお履物の写真をのせて、「これはどうですか?○○へ行く時に、○○(着物)に合いますか?」等、具体的にご質問なさることを、おすすめいたします。そのほうが、より、的確なご回答いただけますかと。

なお、本当に安いもので、履きつぶしてしまうおつもりでしたら、裏を閉じてしまったもののほうが、少々濡れた所でも歩けて、安心でしょう。

toritori5331さん

2014/12/118:10:46

草履をお買い求めになる時は、靴と同じでサイズが一番重要です。でも靴のサイズとは違う部分のサイズが重要になります。

おそらく一般的な草履のサイズはS、M、Lという程度にしか別れていないと思います。まあそれで事足りるのです。このSMLというのは草履の台つまり底の長(縦幅)さです。草履は履くのではなくつかっける感じで浅くひっかけます。そのときに踵が少しだけはみ出すサイズが適正です。ですから人によっては足が長くても足幅(横幅)が細い人もいますし、甲の高さも足が長くて甲が低い人は小さめがよかったりします。横幅に関してはヤフオクではわからないでしょうから、ここをbest of best サイズにすることはあきらめるしかないです。

次ぎに、草履のサイズで重要なのは甲の高さです。たった3カ所を頼りなげな鼻緒を固定して履くのでこの長さは重要です。調節するのは「前つぼ(鼻緒の頂点)」の長さで調節します。ですからこれができるかどうか底に開ける窓が付いているかは確認した方がいいです。そうしますと近所の草履屋さんで有料ですが調節して貰えると思います。また草履屋さんは地方都市でも結構いるものです。いまはサンダルや傘なんかを置いている店でも店の奥に草履があれば昔は草履屋さんだった可能性が高いです。そうしますと鼻緒の調節が出来る人がいたりします。久しぶりの仕事で喜ばれたりしますね。『○○履物店』とあったら尋ねてみるといいかもしれません。

和物の従事者は年配の方が多いので、ネット案内はしていない店も多いです。以外と電話帳のタウンページで探すとあったりします。

>色や形などで、草履に決まり事はありますか?
佐賀錦や袋帯の織物のような物はフォーマル度が高いです。でも逆にカジュアルな装いには合いません。一番有用性がありのが牛革のエナメルの白っぽい草履だと思います。白い程白足袋にとけ込むのでです。私は同じ草履屋さんの前つぼだけ赤であとは鼻緒も台もクリーム色の草履を2足持っています。同じ物を交互に履いています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。