ここから本文です

宜しくお願いします。 鉄分が少ない人は、膵臓の働きが悪いからと聞いたのです...

sna********さん

2014/12/1313:01:45

宜しくお願いします。

鉄分が少ない人は、膵臓の働きが悪いからと聞いたのですが、鉄分と膵臓は関係あるんですか??


膵臓の働きが悪い場合は何かの病気ですか? 説明が下手ですみませんが、お願いします。

閲覧数:
491
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2014/12/1316:00:52

鉄不足・過剰の症状
■ 不足
男性の貧血という話はほとんど聞きませんよね。実際、貧血で悩んでいる方の多くは女性。それもそのはず。女性の方が鉄不足になりやすい条件が揃っているからなのです。月経で毎月血液を失ったり、一般的に食事の量も少ないため不足してしまうのです。また、子供は、体が大きくなる時に大量の血液を作る必要があるため、成長期に貧血になってしまうことも。同じように、お腹の中で赤ちゃんが一気に大きくなる妊娠後期も、貧血になってしまうことが多い時期なのです。

貧血
鉄欠乏性貧血は、血液中の血色素(ヘモグロビン)量が減ってしまった状態。ただ、この症状は、鉄欠乏が重度にならないと現れない症状なのです。なぜなら、鉄分の少ない食事が数日続いても、通常なら貯蔵鉄が使われてヘモグロビンが作られます。でも、それが追いつかないというのは、貯蔵鉄がほぼ空っぽになっているということ。鉄剤やサプリメントで治療するときは、症状が現れなくなっても貯蔵鉄が十分溜まるまでは摂り続けましょう。

その他の症状
異食症(氷、泥などが食べたくなる)、さじ状爪(爪が薄くなって反り返る)、脚がつるなどの症状もあります。また、運動機能や認知機能の低下・体温保持機能の低下・免疫機能の低下などがみられることがあります。

■ 過剰
鉄の過剰症は、すぐに症状が出るものと、少しずつ蓄積されることで起きるものがあります。中には取り返しのつかない症状もあるので、注意が必要です。

胃腸障害
鉄剤やサプリメントを摂ってすぐに起こる過剰症の症状としては、吐き気・嘔吐・下痢・腸の損傷等の胃腸障害があります。

血色素症
過剰な鉄は体のいろいろな部分に蓄積され、皮膚の色素沈着などをおこします。また、血管を始め、脳・肝臓・すい臓など色々な臓器にダメージを与えます。そのため、その状態が長期間続くと、血管疾患(血管の劣化して切れやすくなる)、肝硬変や糖尿病につながるリスクもたかくなります。

通常の食事で鉄の過剰症を起こすことは、ほとんどありません。でも、鉄剤やサプリメント・錆びた水道管の水を飲み続けることで、過剰症を起こすこともあります。だから、鉄サプリは自己判断で摂らないというのが基本です。

更に調べても。
肝臓は鉄分を貯蔵する臓器です。しかしこの肝臓への鉄分貯蔵が一杯となっている状態で、さらに鉄分を摂取した場合、鉄が血液中に余分に流れでてしまうようになります。

すると、この鉄は至る所で酸化していわゆる活性酸素が発生してしまいます。この余分な活性酸素は、最近様々なところで健康を害する諸悪の根元のように伝えられていますので注意が必要です。
鉄分の過剰摂取は肝臓以外にも、筋肉・すい臓などに蓄積されて臓器の細胞に障害を与えます。

質問した人からのコメント

2014/12/17 11:32:16

成功 ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる