ここから本文です

こんにちは。 主人の仕事(遺品整理士)について 、悩んでいます。 昨年、20年勤...

sugano114さん

2014/12/1718:27:43

こんにちは。
主人の仕事(遺品整理士)について 、悩んでいます。
昨年、20年勤めていた会社を辞め、遺品整理と特殊清掃の資格をとり起業しました。

毎日 不動産屋、葬儀屋、地域包括センターなど営業にまわり、生活の為(幼稚園、小学生の子供2人有り)2人でアルバイトもしながら頑張っています。
しかしながら、起業して七ヶ月、包括センターからの依頼が一件のみで 今の所先が全く見えません。
主人は行動力もあり、一生懸命働いてくれているので、いずれは上手くいくと信じてはいるのですが、子どもも居り不安です。
主人に何かアドバイスがしてあげたいのですが、私一人の考えではどうにもなりません。
皆様の知恵を貸してください。宜しくお願いします。

閲覧数:
3,960
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hfsns950さん

2014/12/1718:41:58

商売って、そんなものです。
実績も信頼も無ければ、知名度や認知度もないのですからね。
軌道に乗るのは、数年後でしょう。勿論、軌道に乗る保障はありません。

恐らく、同業は便利屋を兼ねてるかと思いますので、そういった別の角度から信頼や実績を作った方が良いと思います。ホームページも重要ですね。内容にもよりますが、この人に依頼したい!と思わせる造りにした方が良いでしょう。ホームページといっても、自分が伝えたいだけの造りだと、ゴミサイトで終わります。相手が知りたいことを、端的に説明すること。

  • 質問者

    sugano114さん

    2014/12/1721:02:49

    回答、ありがとうございます。
    ご意見を参考に主人とよく話し合いたいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/12/23 21:10:06

降参 皆さんのご意見、大変参考になりました。
どの回答もベストアンサーに値しますが、最初に回答してくださった方を選ばせて頂きます。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/12/1721:42:59

資格を取得後、どこかで実績を積んで開業したのではないようですね。
なかなか難しいでしょうね。
友人のところも一年持たずに廃業しました。
広告や宣伝も充分にしました。
開業した場所に全く人脈がなかったので、
周囲は「やっぱり…」という感じでした。
医療系で、需要はどこでもあるので、失敗はないと思ったようでした。

今は実績を積むために修行さながら、廃業した業種を扱う会社に勤めています。(質問者さんの業種ではありません)
将来またチャレンジするそうです。

やはり、客のない半年は、夜間にアルバイトをして奥さんと子どもを養っていました。
開業時の約束で、奥さんは働かせない、子供の教育費などのレベルを下げるなら辞める、というのがありました。

質問者さんのご主人は20年勤めた仕事をやめての開業ですから、今の状況でも意外とやりがいを持っているのではないでしょうか。

大家の立場のものですが、
孤独死の立ち会いがあったことがあり、
特殊清掃は需要があるとは思いますが、そう毎日のことではないですし、
遺品整理が必要なのも遺産が相当ある方を目的にしているのでしょうから、
素人目には、なかなか難しそうに思います。

奥様には口だされたくないでしょうし、
一年は辛抱して見守っては。
開業にあたって、家族の約束ごとはなかったのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bayadit1さん

2014/12/1719:07:10

「特殊清掃」って生業にされている方って少ないと思います。
大抵はなにか別の業態のオプションとして付随しているものなのではないかなと想像します。
あるいは「外注」としてご主人の様に個人事業主に出来高仕事を業者が振り分けているのかも知れません。

そもそもご主人のビジョンはどういう内容だったのでしょうか。
本来、技術職として独立をする人はもともとの「顧客」を持っている人が大半です。そういうお付き合いが全く無い状態で「独立しましたみなさんよろしく」と言われても、そりゃ一見さんなんか来ないですよ。誠実な仕事を通して顧客の紹介などによって、事業の拡大は展開していくものでしょう。
特殊な技術になればなるほど、そういうものだと思います。

ご主人が完全に「裸一貫」で起業されたのかは質問文からは読み取れませんが、そういう顧客のアテが無いのなら、初期のプランはどういう戦略だったのか知りたいところですね。

「特殊清掃」が具体的にどういう業務か私は存じませんので、アドバイスとしては・・・・
ご主人がご自分で「やり直し」の効く収支の「ギブアップライン」を定めて、そこを下回るならその事業は「失敗」と潔く諦めて、別の道をさっさと模索されるのが良いと思います。
もう少しもう少し、とジリ貧と自転車操業を繰り返すと、完全にやり直せない場所にくるまで気がつけません。そうなるともう悲惨の一言ですよ。

商売なんて10回やって1回あたるかどうかのものではないのかなと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。