ここから本文です

世界史で中国の範囲です!! 中国の制度で ・屯田制 ・均田制 ・府兵制 ・占...

パーシャンさん

2015/1/1518:53:55

世界史で中国の範囲です!!
中国の制度で
・屯田制
・均田制
・府兵制
・占田課田法
・両税法
の違い&イメージを教えて欲しいです(涙)"
(>人<;)

単に名前が変わってだけ

なのか、中身が違うのか、
ザックリでもいいのでお願いします……

閲覧数:
3,132
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ste********さん

2015/1/1521:17:53

単語だけ暗記しようとしていませんか。
そういうことをしていると、内容(中身)がさっぱり
ということになりがちです。

○○制という名前が付いているということは、
何かの制度ということです。
つまりシステムなわけです。
これだけいろいろなシステムが登場するということは、
中国の歴史の歩みの中で、システムを変えなければならない
何かがあったわけです。
その何かが、歴史の流れということになります。
それぞれのシステムが登場した背景を理解しないと、
名前が変わっただけ、という印象になってしまいます。

とりあえず、土地制度と、税制度と、軍事制度が
ごちゃごちゃになっていますから、土地制度を軸に説明します。
自分で、まとめるときも土地制度を軸にして理解していきましょう。

土地制度のポイントは、大土地所有をどうするかということでした。
大土地所有は、漢代から進んでいきました。
土地=農地などと考えてください。
つまり、土地は生産物を生み出すものですから、
財産そのものです。
土地をたくさん持っている=富裕者ということになります。
漢代では大土地を所有している有力者は豪族でした。
豪族は、土地と奴隷をたくさん所有していました。
奴隷に農作業労働をさせて、たくさん生産物をこしらえる
ということが、豪族の財力となりました。

こういう豪族が力を付けることに対して、
皇帝は、これを制限しなければならないと考えました。
前漢末期でしたら、限田法というものが作られています。
私有地の面積を制限しようというものでした。
こういう法律が作られたということは、
豪族がたくさん私有地をかき集めていたという証拠です。

西晋の時に作られた、占田法もこの流れをくんだものです。
占田法(この法に基づいたシステムが占田制)は、
身分に応じた大土地所有の上限を定めたものです。
もう一つの課田法は、三国時代の曹操が作った屯田制の
流れをくんだものでした。
屯田制は、農地を失った農民に、農地(ちなみに国の土地)を
強制的に割り付けて、農産物を生産させようというものです。
細かくは、民屯といいます。
ちなみに、軍隊が行う屯田は軍屯といい、こちらも屯田制の
一部でした。
この流れをくんだ、課田制も内容的にはだいたい同じようなものと
考えてください。

それで、西晋が滅亡して以後、
中国は五胡十六国時代~南北朝時代という
戦乱の時代を迎えます。
この時代に豪族たちは、貴族に成長し、
彼らの所有する大土地は荘園と呼ばれていきました。
貴族たちは、国の要職を独占し、巨大な財産を抱えた
実力者たちでした。
この貴族たちの荘園にメスを入れたかったのが、
均田制という新しい土地のシステムです。
北魏から隋・唐へと受け継がれたこの制度の目的は、
土地は(建前上)皇帝のものとして、
貴族だろうが平民だろうが関係なく、
平等に土地を貸し与えようというものでした。
もっとも、実際には建前通りにうまくいきませんから、
貴族たちは相変わらず、大土地を所有し続けたようです。
均田制の細かな変遷もチェックしておきましょう。

均田制は、土地制度ですが、税制度とも密接につながっていました。
それが租庸調制です。
建前では、誰でも同じ面積の土地を皇帝から
貸し与えられます。
ですから、基本的には誰でも同じ税を納めなければならないという
システムにしたのが、租庸調制です。
土地を貸してもらっているわけですから、
それに対していろいろお返ししなければならない義務が
あるわけです。
その一つが税負担なわけです。
もう一つ大事なものが、兵役です。
この兵役によって徴兵された兵士を管理するシステムが
府兵制です。

唐の初期に完成したこの均田制を軸としたシステムは、
あまり現実的ではありませんでした。
そのため、徐々にほころびがでてきて、
唐の中期ごろには、破綻してしまいました。
均田制は、建前通りみなに平等に土地はいきわたらず、
結局は貴族たちが大土地を独占し続けました。
ですから唐代後半は荘園制の時代と説明されるわけです。
農民たちは、義務が厳しすぎて、土地(農地)を捨てて逃亡しました。
そのため税金は集まらないし、兵士も集まらないという
問題も生じました。
ということで、税に関しては、実際に土地をたくさん持っている
人から、その土地の面積などに見合った額を徴収しようということに
変更していきました。
この税制度に変更させたものが両税法です。
また、兵士は徴兵ではなく、お給料で雇う傭兵制に変更されていきました。
これが募兵制です。
募兵とは、兵を徴募するということです。

と長くなりましたが、これでもかなりざっくりです。

質問した人からのコメント

2015/1/15 23:20:45

自分のためにわざわざ時間を割いてくださって、ありがとうございましたm(_ _)mどうも自分は馬鹿の一つ覚えみたいにやってしまう傾向があるので、気をつけます、入試まで少ししかないのに……ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる