ここから本文です

実家の売却方法について。 昨年の11月、私の実父が死去しました。姉妹とも結婚...

アバター

ID非公開さん

2015/1/1819:34:27

実家の売却方法について。

昨年の11月、私の実父が死去しました。姉妹とも結婚して他の地域に住んでいますので実家の売却を考えています。
そこで問題なんですが、60年以上土地は借地でした

。その土地に戸建を建てたという経緯です。土地も建物も所有権があれば合わせて売却ということが容易だと思います。
私達姉妹が実家を売却するにはどのような形になるのでしょうか。お知恵があれば教えて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。

閲覧数:
152
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bego2103siroさん

2015/1/1910:42:20

地主の承諾が第一。

地主が拒否したら、基本的には更地返還。

地主しだい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/1/2005:29:56

地主の承諾をえて売却になります。不動産会社数社に売却査定を依頼してみましょう。土地価格の半分が借地権価格ですが、住宅ローンが使えないケースが多く売却し辛い物件です。地主に買い取ってもらうのがいい方法です。

kenanami3150さん

2015/1/1913:00:02

団塊世代の不動産問題コンサルタントです。

あなたのお話は、土地を借りて(借地)、あなた側名義(父?)で建物登記が
なされているなら「借地権」とする強大な権利が存在しているはずです。

ここで、「売る」にしても、その不動産に手を付ける際には、必ず必要
になるのが「相続登記」です。
そして、相続登記は◆相続権該当者◆配分比率、が法規定されています。

そこで、相続登記の専門は司法書士ですので、近隣の司法書士事務所へ
行って、早急に登記依頼することをお勧めします。
相続権者が決定し、登記手続きが可能になれば、次は不動産屋さんに、
「借地権付一戸建」などの名称で売却依頼です。

●ここで、質問文では「土地も建物も」とありますが、借地なら土地は
地主の所有であり、「合わせて売却」とはなりません。
ただし、地主も土地売却なら別ですが――――

その際、◆登記依頼◆登記仕上がり◆借地権売却、などの経過中、地主
その他の誰にも相談・了解など一切不要です。

買主が出て、現実の取引が完了すれば、買主側から求められる書類が
発生するはずです。(借地権譲渡承諾書)

これは住宅ローンを組む金融機関が求めるもので、地主の署名捺印が
必要となりますが、その際には前提があります。

地主に署名捺印を依頼した際に、すぐ承諾すれば良し、しかし拒否され
た場合には、――では地主さんが買い取って下さい――と求めることが
できます。これを「買取請求権」と称し法規定されたものです。

そして最後に、不動産の売却は、「登記名義人」の意向次第ですので、
相続権該当者同士の人間関係を円満にし、スムースな売却を心掛ける
ことが賢明であることを十分に認識するようお勧めします。

以上、参考になれば幸です。
--------------------
★回答リクエストの方法
更なる質問(通信)は、「返信」より「回答リクエスト」の方が文字数
が多く(4百字:2千字)、よりわかりやすい説明になるかも知れません。
上記<kenanami3150>を開いて左側の<回答リクエスト>で投稿。

★知恵ノートの開き方
(同様に<kenanami3150>で「知恵ノート」項目があります)

kunimitu51さん

2015/1/1820:07:43

土地の所有権は、地主であつて、あなたのなくなったお父さんではありません。

使用貸借は借主がなくなると契約が切れますから、又、古いから、取り壊して、

土地は地主が売ることになります。

土地所有者と相談しましたか。

そんな古民家を好きになるのは、アメリカ人かな。

今は、結構古民家ブームだから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。