ここから本文です

JALもANAもなぜ、日本の空港カウンターでは当日の現金でのアップグレードをやらな...

ebi********さん

2015/1/1909:18:28

JALもANAもなぜ、日本の空港カウンターでは当日の現金でのアップグレードをやらないのでしょうか?

私が気付いていないだけかもしれませんが、私の知る範囲においては、
JALもANAも海外の空港カウンターでは当日、大幅に安い金額でエコノミークラスから
ビジネスクラスへのアップグレードの取り扱いをやっているのに、
日本国内の空港では海外のように搭乗手続きカウンターに堂々と、案内板を出しての
勧誘はやっていないようです。

なぜ、海外の空港ではやってるのに、日本国内の空港ではやらないのでしょうか?

しかし、あれって最初から日本で数十万円も出してビジネスクラスの航空券を買った
お客さんからクレームとかは出ないのでしょうか?

いくら当日の空席を埋めたいからといっても、ロンドンから成田まで500ユーロで
ビジネスにアップグレード出来るなら、客からしたら儲けもんですよね?

閲覧数:
36,436
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/1/1919:39:28

日本国内でも満席でなければ堂々と表示してやっていますよ。

満席でインボラUPG等が必要なときはマイレージのプライオリティーを持っている人を事前にビジネスに上げるなどの座席調整を行わないと、逆に混乱をするので事前にインボラで座席調整をしてしまいます。

が、空席が多い日に関してはエコノミーのチェックインカウンターの横にそのような情報が提示されていますよ。

全部の空港かどうかはわかりませんが、少なくとも成田や羽田では見かけます。


さて、ところでですがロンドン便などを例に挙げましたが、ロンドン便なんかはエコノミーよりもビジネスクラスが先に埋まるような路線です。
なので、ロンドン線のビジネスに有料でもエコノミーから上げれたら「ラッキー」ですよ(笑)
以前JALロンドン便でエコノミー⇒ビジネスへマイルでのUPGのキャンセル待ちを入れましたが、その日はビジネス満席
エコノミー残留だったのですが、エコノミーは満席ではなくバラバラと空席があるような状況でした。

逆にそうですね、今のJALフランクフルト便なんかは機材の半分以上がビジネスクラス、プレミアムエコノミーとなっており、最後の数列がエコノミーとなっています。
この様な路線では、ビジネスクラスの客も多いでしょうが、それよりもエコノミーの高額運賃を出して旅行に出る人のビジネスクラスへのUPGをより多く見込んでいる路線なのかもしれませんね(ここはすべて推測です)
それでもなお余ったら当日空港での有償UPGを募集するっていう感じでしょう。

でも、デルタやコンチなどが時々やる「片道1万円でUPG」なんて金額からは程遠いですよね。

そういう意味では今の航空券では
ビジネスクラスの最安値より高いエコノミー航空券
とか
プレミアムエコノミーより高いエコノミー航空券
こんなのが出回っている世の中ですので、そんな有償UPGにクレームを付ける人っていうのは、、、、いつも使っている身としては「小さい人間」「無知が吠えてる」っていうか、、、、ちょいと恥ずかしい人たちですよね(笑)

質問した人からのコメント

2015/1/20 11:39:38

一安心 そうなんですか、成田や羽田でも満席でなければ堂々と表示してやってるんですね、
気付きませんでした。

航空運賃や規則というのはいつも利用している人いない人、出張かプライベートかでも、
人それぞれ受け止め方や考え方が異なりますので、一律に“だから“というのも、
なかなか如何なものか?とは思います。

ほかの皆様もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bak********さん

2015/1/1917:27:47

http://www.ana.co.jp/int/reservation/beginner/plantrip/index.html#0...

おおっぴらにはしていませんが、現実としてはやっています。

mas********さん

2015/1/1911:13:34

まず クレームの件だけど 今はビジネスクラスでも 同一便であっても 最安から普通運賃まで 3倍程度の価格幅があるから そんなことでいちいちクレームは出ないよ。あとは 石頭云々は 全くの邪論やな。あくまでも 需給関係 だけの問題。知恵袋で遊んでる程度の顧客は 安い云々に拘ってるから世間常識とはちやうで、日本に限らず ビジネスの重要顧客は あくまでも 大企業のビジネス需要や、だからビジネスクラス と呼ぶんやな。日本企業は リスク管理や、企業間関連性から 日系ビジネスの選択率が高くなる、一方、アメリカ発なら 米系、ドイツ発ならルフトの選択率が高くなるんやな。出発国のキャリア というのが リスク管理上は 最も安全だからだよ、欠航や遅延のね。 よって日系の需要は 日本発>海外発 となってる。これが 海外発便の 日系たたき売りの要因に過ぎないのだよ。日本では 激安の中国系だって 中国発の運賃は 決して安くはないんだよ、要は 出国便と帰国便では、商品価値が 違うだけのことやな。

2015/1/1910:48:37

必要性が無いならしないと言う事なんです。
日系は外資系みたいにビジネスライク、つまりビジネスクラスの沙汰も金次第じゃなくて制度と形式にこだわる石頭な所があるんです。だから最近はインボラもしないのです。
日本発券なら高額な運賃レートが取れる金の卵なので目の前の現金は稼げてもトータルであえて損する事はしません。
税金と一緒で取れる所からガッツリ頂く考えですよ。

tat********さん

2015/1/1909:56:46

私は実際に中部国際空港発のANAの国際線で当日アップグレードしたことありますが。ただ、そのときの話によると当日アップグレードはあくまでもビジネスとエコノミーのバランスをうまくとる手段のようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる