京都市内の交差点って東西南北の通り名からつけますよね、例えば四条烏丸とか。場所によって南北の通りを先に読むところと、

京都市内の交差点って東西南北の通り名からつけますよね、例えば四条烏丸とか。場所によって南北の通りを先に読むところと、 東西の通りを先にするところといろいろなんですが、これには決まった規則とかあるんですか?

一般教養6,271閲覧

ベストアンサー

6

交差点は交差する2つの通りの名前で呼ばれることが多い。例えば、四条通と烏丸通の交差点は「四条烏丸」、河原町通と丸太町通の交差点は「河原町丸太町」である。どちらの通りを先に呼ぶのかということについて定説はないが、多くの交差点名が以下の法則に則っている。 原則として南北の通りを先に付ける。 例.烏丸丸太町、烏丸御池、西洞院高辻 複数の車線をもつ主要な大通は東西を先にする。 例.四条烏丸、四条大宮、今出川新町 ただし、南北通りが主要な通の時は南北を先にする。 例.堀川四条 川端通の三条~塩小路間は、開通から日が浅く、以前は京阪本線が地上を走っていたため、川端通を交差点名に用いない。 例:「川端三条」、「川端四条」、「川端五条」、「川端七条」、「川端塩小路」ではなく、「三条大橋」、「四条大橋」、「五条大橋」、「七条大橋」、「塩小路橋」と橋の名前、または「三条京阪」、「四条京阪」、「五条京阪」、「七条京阪」と京阪をつけて呼ぶ。同様に、三条以北も「川端北大路」→「高野橋東詰」、「川端今出川」→「賀茂大橋」または「京阪出町柳駅前」と呼ぶ。ただし、「川端丸太町」はバス停など「丸太町京阪」と呼ばれることもあるが、交差点名は「川端丸太町」である。 東大路通の交差点は、「東大路」を冠さず、別名の東山通から「東山」を冠する。 例:東山三条、東山五条、東山七条。ただし、今出川通以北は地域として東山から外れるため、「東大路東鞍馬口」と「東大路」を冠するものもある。 もちろんこれに該当しない交差点も一部存在しているが概ねこれに該当している。 祇園一方で、通り名をもつ2つの道路の交差点であっても、例えば、四条通と東大路通の交差点は「祇園」、西大路通と丸太町通の交差点は「円町(西ノ京円町とも呼ぶ)」、北大路通と東大路通の交差点は「高野」であるなど、通り名の合成で表さない場合がある。比較的最近に作られた通りに多い。また、1本の通りの一部分だけを違う名前で呼ぶ場合もある(例:大和大路通の縄手通)。 ちなみに、「通り」の「り」を送り仮名としてつけないのが正式な通りの名前である。

6人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

言いやすい言い方です。。 でも反対に言っても間違ってないし、わかります。

0

東西の通りが○○条、南北の通りが△△通りです。交差点はこれを組み合わせたもの。碁盤の目だからわかり易いけど・・・縦通りは覚えないといけないから頭の体操にどうぞ。