住民税の金額は、扶養家族のなかに老人障害者同居があれば金額が変わりますか?

住民税の金額は、扶養家族のなかに老人障害者同居があれば金額が変わりますか? 一昨年は、扶養に入れていたんですが、昨年は扶養に入れ忘れてしまいました。 住民税の納付金額が高くなっているようなので、関係があるのか教えて下さい。 また、さかのぼって扶養に入れる変更手続きなどあるのでしょうか? そうすることによって、還付など発生するのでしょうか?

税金、年金151閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

所得税、住民税とも、同居老親等控除、障害者控除を使えば、控除額が大幅に増えますよ。 一昨年の平成25年(1月~12月)に扶養に入れていたなら、平成26年度(6月~平成27年5月)の住民税の計算でも控除が使われて税額が少なかったはずですが? 平成26年度の住民税額が高いと感じたのなら、平成25年の年末調整(あるいは確定申告)で扶養に入れるのを忘れたのかも。 あなたが給与所得者なら、「平成25年分 給与所得の源泉徴収票」を 住所地の管轄の税務署にもっていって還付申告(所得税を返してもらうための確定申告)をしてください。 あなたが確定申告で所得税を納税しているのなら、「平成25年分 所得税の確定申告書 控え」を、住所地の管轄の税務署にもっていって確定申告の更生の請求(所得税を返してもらうための確定申告のやりなおし)をしてください。 他にもっていくものは、印鑑、還付金振込先が分かるもの(あなた名義の通帳など)です。