ここから本文です

唐揚げにレモンかけるという謎の風習はいつ始まったのですか?

bla********さん

2015/1/2808:12:39

唐揚げにレモンかけるという謎の風習はいつ始まったのですか?

閲覧数:
163
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2015/1/2809:38:22

イタリアやスペインなどの、揚げ物にレモンをかける料理が、本格的にまともに日本に伝わるようになってからだと思います。

それまではピザにタバスコかけるだとか、ご存じナポリには存在しないケチャップ味のナポリタンだとか、マカロニは日本独自のマヨネーズで和えるとか、本国にはない不思議メニューばかりでしたからね。

実際のイタリア料理にかなり近いメニューを提供する店が増えてきたのは1980年代半ば以降ですから、唐揚げにレモンが添えられるようになったのもその頃からだと思います。

大皿盛りを複数の人が一緒に食べる時には、かけるべきではないと思いますけれどね。
例えるなら、トンカツをトンカツソースで食べたいと思っている時に、全体におろしポン酢かけられちゃうようなものだものね。

質問した人からのコメント

2015/1/29 04:00:02

なるほどありがとうございました。
もうお一方も回答ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ted********さん

編集あり2015/1/2809:47:35

そもそも、唐揚げは、昭和7年ごろ、現在の(株)三笠会館(東京・銀座五丁目)の前身「食堂・三笠」がはじめたメニューです。

家庭で唐揚げが普及したのは、ここ三十年から四十年のことです。

唐揚げにレモンをかけるという風習のはじまりは、唐揚げが登場した昭和7年以降ということになります。

レモンの日本での普及時期を調べてみたのですが、決定的な時期が出てきませんでした。

ただ、昭和39年に日本はレモンの輸入自由化していますので、その前後の時期から、唐揚げにレモンがはじまったと思われます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる