ここから本文です

保因者頻度の計算について。 保因者頻度1/200の遺伝病において、いとこ婚の親の子...

アバター

ID非公開さん

2015/2/910:53:01

保因者頻度の計算について。
保因者頻度1/200の遺伝病において、いとこ婚の親の子供が罹患する確率なのですが、
1/200✖️1/8✖️1/4=1/6400
という計算になる根拠を教えてくださいm(__)m

閲覧数:
344
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gag********さん

2015/2/923:43:20

私の画面では文字化けしているんですが。
夫婦の一方が保因者(その確率)ならば、配偶者が保因者である確率は上がる。配偶者にも伝わっている確率になる。それはある遺伝子を共に受け継ぐ確率。祖父由来の同じ遺伝子と祖母由来の同じ遺伝子の確率の和。
掛け合わせると夫婦が共に保因者の確率。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「保因者」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる