ここから本文です

下請法に違反するか教えて下さい。

アバター

ID非公開さん

2015/2/1910:23:42

下請法に違反するか教えて下さい。

現在A社に勤めていますが、
取引先B社に外注工事が完了した為、請求書を送付しましたが
支払月になり支払通知書が送られてきて
B社の支払通知書に「値引 97円」とありました。
(支払条件は半金半手です。)

B社の経理に連絡すると、
100円未満はどの業者にも、こちらで値引させてもらってると笑いながら言われ
納得できない回答でした。
(振込金額の100円未満は値引するということだと思いますが)

<支払通知書内容>
577万(税抜)の契約

手形 3,000,000.-
安全協力会費 12,463(0.2%)
振込 3,218,500.-
振込手数料 540.-
値引 97.- ※
ーーーーーーーーーーーーーー
計 6,231,600.-

B社には見積を出し、注文書・注文請書を取り交わしています。
またその注文書には、100円未満は値引されるなどありません。

たった97円でも、社内では計上済ですので
受注金額を減にする報告書を作ったりなど大変処理が面倒です。

取引先によって、稀ですがこのように支払時に勝手に値引きする会社がありますが
これは下請法違反にならないのでしょうか。

結局、営業は、仕事を貰っている立場上、取引先とはもめ事を起こしたくないということで全部業務部へ処理を押し付けている状況です。

下請法違反になるか否か、またこういう会社への対処法があれば教えて下さい。

閲覧数:
1,837
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2015/2/1911:23:30

まず資本金の関係があります。

下請法に定める資本関係で親事業者が下請け業者に該当するなら、下請け代金の減額に相当しますので下請法違反ですね。

100円以下の切り捨てよりも、安全協力会費 12,463(0.2%)の方が問題だと思います。

協賛金は確実に下請法に引っかかります。不当な経済上の利益の提供要請に該当します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2015/2/1913:08:33

下請法の規制下にあるのでしたら、減額は下請法違反になるものと思います。公取委の相談窓口などに相談してはいかがでしょう。ただ、少額の場合、行政指導等が後回しになるなどのおそれもあります。

なお、「安全協力会費」があることから、下請法ではなく建設業法の規制下ではありませんか。もしそうでしたら、相談窓口が異なります。また、安全協力会費は24条の6第1項に基づく費用の徴収ですから、それ自体は違法となりません。

miz********さん

2015/2/1912:27:06

金額は少額ではあるが、
明らかに 独占禁止法上の優越的地位の濫用 であり

下請代金支払等遅延防止法 の 第4条第1項第3号 で禁じる
あらかじめ定めた下請代金を減額すること。
に該当する

ので 下請法(下請代金支払等遅延防止法)違反。

管轄は 公正取引委員会なので、相談し告発すべき。

http://www.jftc.go.jp/shitauke/madoguti.html

参考
http://www.jftc.go.jp/houdou/panfu.files/yuuetsu.pdf

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる