ここから本文です

電工の電力系統の短絡容量の軽減対策について、基本的な質問です ある本に、短絡...

moz********さん

2015/2/2621:38:53

電工の電力系統の短絡容量の軽減対策について、基本的な質問です
ある本に、短絡容量の軽減対策について、いろいろと対策が
書かれてありますが根本的に短絡容量があると、

なぜ不具合が生じるのでしょうか
そして結果的にどのような不具合が生じるのでしょうか
よろしくお願いします。

閲覧数:
87
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boy********さん

2015/2/2707:31:54

短絡容量(一般的には%Zで表している)が大きいと言うことは、短絡電流が大と言うことです。
短絡電流が大と言うことは、パワーヒューズや遮断機が大きな短絡電流を遮断出来る必要があります。
大きな短絡電流を遮断するには遮断機の構造等大きな短絡電流に耐える必要があり値段も高くなります。
ケーブル等の電路も大きな短絡電流(遮断機が遮断するまで)に耐る必要があり、ケーブルサイズも大きくなりなります。

質問した人からのコメント

2015/3/5 20:43:28

よくわかりました。ありがとうございました。 感謝してます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる