ここから本文です

【落語「猫久」】オチがわかりません 落語百選を本で読み始めたのですが、その...

ru_********さん

2015/3/300:29:31

【落語「猫久」】オチがわかりません

落語百選を本で読み始めたのですが、その最初が「猫久」でした。
いまいちオチがつかめません。
この演目の解説をしてくださると有難いです。

======

熊さんがわけのわからない講釈をしている間に、台所の鰯を猫がくわえて飛び出した。
「やいこん畜生っ、泥棒猫めッ、おう、おっかあおっかあ、あんか持ってこい。おう、早くしろッ」
おかみさんは、擂鉢のなかにあった擂粉木を手に持って、神棚の前にぴたりと座り、丁寧に三べん頂いて、熊さんに渡した。

閲覧数:
2,115
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

楽水さん

2015/3/301:17:55

夫が怒って、人を傷つける刀を「出せ」と要求した時に、良い妻は相手にもこちらにもケガがないように祈る気持ちで3回いただいて(頭の上に差し上げて祈って)から渡すものだ、という話を熊さんが聞いた。

その話を熊さんはちゃんと理解しないまま、3度いただいてから渡すのが良い妻である、と女房に話す。

その直後に、猫を殴るためにスリコギ(短い棒)を熊さんが要求する。女房は忠実に3度いただいてから渡そうとする。そんなことをしていると猫が逃げてしまうのに・・・・。

意味を理解しないで外形だけ真似させる熊さんの愚かさを描いた落語です。

しかし、こんな説明をすると面白くも何ともないですね。

質問した人からのコメント

2015/3/5 11:09:37

お時間割いて 教えて下さり、ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

しーなさん

2015/3/503:35:06

もういいかげん「サゲの意味がわからないという質問も、それをしたり顔で解説する回答も、みっともないことこの上ない」というのには飽きてきましたが・・・

あなた、「あああっ、そうだったのか!」という瞬間、経験はありませんか。
その時に感じる、目の前で閉じられた重い鉄の扉が音を立てて開いていくあの瞬間、経験はありませんか。

安易に得られたことは、簡単に忘れます。
ネットの検索なんてまさにそうでしょ。
図書館に足を運んで何十冊も借りて得られた情報と、安易に検索してWikiや掲示板で得られた情報は、重さが根底から違うんですよ。

わからないサゲを、わかる努力をしてください。
それも落語の楽しみのひとつなのです。
数ヶ月後、あるいは数十年後、いまのあなたが想像もできない新しい世界が、目の前に広がるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる