ここから本文です

風習、祭りついて、質問です 田舎の方に行くと、特に祭りの日に、女性や処女の人...

moz********さん

2015/3/422:19:16

風習、祭りついて、質問です
田舎の方に行くと、特に祭りの日に、女性や処女の人は
「このエリアは立ち入り禁止」や「この部屋には、はいってはいけない」
という風習があります なぜでしょうか

予想でもよいのでその由来(理由)が知りたいです、
よろしくお願いします。

閲覧数:
902
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2015/3/507:13:20

女性に制限があるのは生理と関係していると言われます。

昔は生理用品も未熟で、また女性は下着をつけなかった場合が多く

血をたらすこともありました。

血は神道や神話では不浄とされてきました。

また、処女に制限がある例はあまりないと思いますが、

もしかすると、昔は処女をいけにえにしたこともあり、

神や霊に連れて行かれるという考えがあるかもしれません。

また処女が急に初潮となった場合、取り乱したり

また場を汚すということも想定したかもしれません。

女性に制限があるのは生理と関係していると言われます。...

質問した人からのコメント

2015/3/11 21:22:08

長年の疑問が解決できました ありがとうございました。 また知恵袋が使える時代に生まれたことにも感謝します。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2015/3/1014:59:00

皆様、興味深いお話をされていて勉強になりますね。自分は体験談を書きます。各地で違いがあるのはご了承ください。

お御世話になっている神社さんで、神輿と一緒に深さ3~4mの滝壺に入る神事携わっております。土曜日の夜から本番前の日曜日の昼過ぎまで禊を繰り返した男達だけが、神輿に触ることができます。食事の世話などは御姉さん方にやって頂きますが、そういえば神事が終わるまで直接お会いしません。終われば普通にしてくださいます。
こちらの大滝は高さ58mで、女の神様と言われています。神社さんから禊をするのは神輿の担ぎ手である男だけです。お隣のお寺さんは大滝に女性は入れず少し川下(別の場所)で禊を行う様に言われてます。当日はそれぞれ祭りをしてして、お寺さんからも禊をされています。本来神社とお寺の時間はずらしていますが、一部の女性は知らないのか大滝の水場で禊をしていて驚きます。神社側の男達は素っ裸です。女の神様に見せるものは全て見せて(笑)御利益を頂くように世話役に言われてます。本番は白装束。
お籠りから本番までの間、女性客とお会いしたりご挨拶しますが、女性から触られたりは避けます。女の神様に嫉妬されない様にします。

gbj********さん

2015/3/919:52:46

主に出産・月経による血のケガレを防ぐためでしょうね。
これらの期間中、女性は決して神域に近付いてはなりません。神職であれば自ら忌籠もりをし、定められた日数が明けた後に身を清めてから、ということになるでしょうが、一般人には無知からそれを望めません。よって、防止策として女人一般を立入り禁止としているということが考えられます。
また、この思想の発展形としてそもそも女人自体をケガレと見て立入り禁止としているというのもあります。神仏習合などの結果ですね。この場合、相撲の土俵のように女人が神聖な場を汚し、神の怒りを招くということから禁止されています。
処女は、というのは聞き覚えがありませんね、どこのお祭りでしょう?
むしろ血のケガレを考えれば、初潮前の女子は前述のケガレに当たらないとして神聖視されているくらいなものですが。ちょっと無理矢理な解釈をすれば、神様がそういった憑坐と間違えかねないということかな? まあ間違えたところで悪いことは無いと思うのですが。

ご参考になれば。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる