ここから本文です

高校の理科の先生、社会の先生について質問があります。

orh********さん

2015/3/522:51:26

高校の理科の先生、社会の先生について質問があります。

理科は『物理』『化学』『生物』『地学』
社会は『地理』『日本史』『世界史』『倫理』『政治経済』『現代社会』
にそれぞれ分かれていますが、教員免許は『理科』『社会』の区分しかないということを聞きました。
これはつまり、理科の先生は物化生地の4つ全てを教えることが出来なければならないということで、大学で物理を専攻していた人であっても理科の先生になるためには高校で習う範囲の化学・生物・地学も完璧に網羅していなければならないということですか?

閲覧数:
1,631
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mat********さん

2015/3/523:51:41

一部に誤りがあります
社会科は地理歴史と公民の二つの免許ですよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

やっしーさん

2015/3/920:10:55

理科基礎5科目(物化生地の基礎4科目+科学と人間生活)の授業をすべて経験した者です。
正直な話、免許取得要件に従い、大学で専門外分野の授業を受ければよく、実際の現場では、満遍なく知識を持つ必要はありません。教師向けに指導書があるからです。
正直、広く浅い知識が豊富でも器用貧乏で終わってしまい、自勉で大学受験勉強に挑める生徒には好かれません。

中学理科は逆です。専門外でもある程度知っている必要があり、専門外の実験ができる必要があります。従って、理学部等で中学理科免許取得には専門外の3分野の実験が必須なのです。

kenaさん

2015/3/716:44:19

「理科」「地歴」「公民」の3つです。
つまり理科の免許を持っていれば、理科の科目をすべて教えることが可能となります。
したがって小規模の高校などでは自分の専攻科目以外を教えないといけないことはありますが、理科や地歴は専門性の高い教科であるため、自分の専攻を専門とするようにバランスを考えて学校に配属されています。したがって自分の専攻以外はそんなに気にしなくても大丈夫です。教員採用試験でも、基礎的な一般教養としては全科目必要ですが、専門的なことは自分の専攻のみの科目で出題されます。

ate********さん

2015/3/609:36:45

いいえ。そういうことではありません。

免許を取るためには物化生地について最小限取らなければならない科目が定められています。そのレベルは特に難しいものではなく、たとえば高校時代にまったくその科目を履修していないと少し大変だが、なんとかなる、という程度のものです。つまり物理専攻であれば、化学、生物、地学については基礎的なことだけわかっていればなんとか単位がとれ、免許を取ることができます。

いっぽうで採用試験は高校の場合は、多くの場合は物理、化学などと細分化されています。一般教養試験のあとの専門科目試験では物理なら物理だけしか出題されません。

但し、実際に教員になると様々な校内事情で、物理の教師が物理だけでなく化学を教える、地学を教える、ということはよく起こります。また化学で受験して採用されても配属される学校にいってみたら、悪いけど1年間は物理を教えてね、なんてこともあり得ます。都道府県によっては、志願書に「あなたが高校理科で教える事のできる科目に○をつけよ」という項目がありますし、面接で聞かれる事もあります。教員の定員の決め方の関係で、理科や社会では他の科目を教えることができる教員は大変重宝な存在なので、他の点で互角であれば、複数科目を教えられる志願者は有利な立場にたてるということです。

2015/3/609:26:13

そうですね。全部の知識が必要です。

ただし、ちょっと免許の種類については違います。

免許の種類は中学と高校で種類が違って・・・

中学が国語・社会・美術・数学・理科・英語などです。
高校は国語・書道・地理歴史・公民・美術・工芸・数学・理科・英語などです。

中学と高校で免許が1つずつの教科もあれば、中学は1つだけど高校は2つに分裂している教科もあります。

当然生物専攻で生物メインでやっていても物理などは履修する必要があります。
さらに採用された後は物理や地学担当として授業を行わなければならない場合もあります。

ちなみに免許自体は理科ですが、実際の授業は年間でクラスを持つ関係で生物だったり化学だったりと何かの科目を持つ事になります。
ただし1年間は全部生物だったとしても、2年目から化学になる可能性もありますし、5年間とか生物担当だったとしても異動で別の学校に異動したらずっと化学担当の場合も有ります。

ただし、完璧に網羅しておく必要はありません。
教員の仕事は指導をする事です。
そのため指導が出来れば問題ありません。
例えば物理などでは計算する事が沢山ありますが、教員としては計算用の公式を覚えておく事と、説明の仕方が分かっていれば授業をする事は可能です。

当然出来れば出来た方が良いですが、現実的な問題として小学校4年生の算数ですら大半の人は解けません。
何故なら小学校4年の算数は659177×437057=?とか筆算で出る訳ですが、暗算で解ける人はほぼ居ません。筆算の式を書いて順々にやっていけば解けるとは思いますが、小中高関係なく大半の問題は一瞬では誰でも答えられない問題です。
そのためやり方を覚えておく事と、指導が出来れば教員としては良いんですよね。

長くなりましたが完璧には網羅する必要は無いですが、基本的な部分については出来るようになっている必要はあるとは思いますよ。

hym********さん

2015/3/522:55:07

教員免許取るためにすべてやらないといけないことになってます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる