ここから本文です

「借地残存期間20年以下の時に建物が滅失しても、借地権設定者(地主)が再築を承...

daa********さん

2015/3/810:55:49

「借地残存期間20年以下の時に建物が滅失しても、借地権設定者(地主)が再築を承諾・黙認すれば借地権はプラス20年間存続する。

しかし、承諾されなければ20年以下の期間のまま」
と本に記載がありましたが・・・
建物が滅失したのに再築を地主に承諾してもらえなければ借地権者にとって、借地権やその残存期間は無意味なものになり、借地契約を中途解約せざるを得なくなってしまうのではないのでしょうか?

閲覧数:
136
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oso********さん

2015/3/1016:19:13

こちらをご覧下さい
今回のケースに、ピッタリと当てはまります

借地借家法・借地権の基本問題・建物の再築・解説
http://tokagekyo.7777.net/brush_echo/land-lease/sub-10-ans.html

つまり、大家に無断で再築しても
当初に設定の契約期間中は、そのまま使用が可能であるという事です

更新拒絶あり、買取り請求権は無しですね

  • 質問者

    daa********さん

    2015/3/1410:52:08

    御回答ありがとうございました。
    いや~、それにしましても大変複雑で難しいものですね。
    何度も読んで理解できるよう頑張りたいと思います。
    お世話になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「借地権者 借地権設定者」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる