ここから本文です

クラリネットのことで質問があります。 先日、楽器を組み立てている時に、下管の...

lck********さん

2015/3/1220:39:17

クラリネットのことで質問があります。
先日、楽器を組み立てている時に、下管のチューニングBの下のАのキー(左手のほう)の下らへんに黄色い紙が穴みたいなところから出ていたのを発見しました。

ほかの楽器を見てみると、きちんと挟まっている?物もあれば、もともとそういうのがないのもありました。これは放置しておいても大丈夫なものですか?
楽器の種類は学校のものなのでわかりませんが、ヤマハだと思います。
黄色い紙が詰まっているなんて知らなかったのでびっくりしました。
修理に出せばいいのかも教えてください。

閲覧数:
73
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2015/3/1220:44:48

それって紙なんですか?!黄色いのはスポンジの硬いやつみたいなのだと思いますが…。取れてたら修理出してた!?かな…

ちなみにサックス吹いてました

  • 質問者

    lck********さん

    2015/3/1220:51:48

    いや、普通に紙でした。多分サックスのとクラは違うと思います。
    回答ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

may********さん

2015/3/1413:37:19

学校の楽器ならば、出入りの楽器店の方に相談されてはどうでしょうか?

修理するとしてもその程度なら、1000円しないくらいなので、学校の予算で出せないこともないハズですよ。

心配ならば、まずは顧問の先生と出入りの楽器店さんに聞くことです。

tenkaさん

2015/3/1222:37:07

キーの連結部分でしょうか?

楽器によっては、連結部分の雑音防止のために紙とか樹脂パーツが挟んである場合がありますね。(自分の楽器・・・昔のセルマーの10S・・・は油紙のような紙でしたね)
カチャカチャ音が気になるようなら、楽器屋さんで調整ついでに直してもらうほうが良いと思いますね。(自分は自分でやっちゃったけど)

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる