ここから本文です

大学でアカデミックハラスメントにあいました。 事務方、学生部と相談したのです...

lilipom_chunchunさん

2015/3/1423:05:46

大学でアカデミックハラスメントにあいました。
事務方、学生部と相談したのですが、教授を庇うようなことばかりでとりあってもらえませんでした。

考えるまでもなく、事務と教授は、アカハラをした教授とは同僚であり、仲間意識があると思います。
そのため、あまり過度にアカハラ主犯を責めることはできないと思うんです。
それに、教授会の議題に揚がったとしても、学生は参加しないから不利だし
どのように議題が扱われているか学生には分かりません。
おまけに、アカハラ主犯者は教授会に参加しているため弁論可能。


私は、将来は自分の大学に研究者として勤めることを目指しています。
このような場合、博士を終えて講師を自分の大学にてしたい、専任になりたいと思ったら私にふりになりませんか?


なにがなんでも、アカハラ教授を処罰してほしいのですが
大学や事務は信用できませんか?
けっして、学生のアカハラは守られませんか?

また、私は将来は自分の大学に勤めたいのですが
再度教授を訴えることで不利になりますか?

閲覧数:
13,059
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2015/3/1500:09:10

ご無沙汰しております。
アカハラ専門家の僕が帰ってきました(膨大な慰謝料を請求された上に重病が復活して入院していました)。

まず、学内のハラスメント相談に行きましょう。
そうしたら、2番目くらいに出てくるハラスメント相談者(保健管理センターの精神科医あたり)は、それなりに話を聞いてくれます。今時はアカハラ判定には基準があるので、そのハラスメント相談者がアカハラ判定基準に従って「アカハラだ!」と判断したら、調停活動に出ます。あなたが、相手方の教授に謝罪してほしいというのならば、そのハラスメント相談者は、あなたの要望に沿うように、相手方の教授にや学部長・研究科長に話を持っていきます。

相手方教授も、その学校で長らく仕事を続けたいと思っていたら、表面的には、ハラスメント相談者や学部長・研究科長の指示に従うでしょう。今時は、大抵の教員は「アカハラで訴えられた!」となると大変なのです。だから、学校側は、何とかしてあなたのアカハラの訴えを「取り下げ」させるように暗躍します。だから、あなたの要望をできるだけ聞こうとします。相手方の教授も「表面的に」謝罪なりをします。しかし・・・そんなの本心の訳はありません。

その教授の下で、その後も残ろうなんて、無理でしょう。人間の心はそれほど真っ当ではありません。だいたい、真っ当な心根の教授がアカハラなどしませんから。

*****

ところで、将来は自分の大学に勤めたいから・・・などというのは、今時は「まず無理」なご希望ではないでしょうか?将来といっても、何か所か他所を回って、何十年かして帰ってくるというのは有りなのかもしれませんが。まあ、その頃は、そのアカハラ教授も居なくなってるのかもしれませんけれどね。

*****

あなたが、決してアカハラの訴えを取り下げなければ、最後は、ハラスメント調査委員会という民事調停のような場で訴えて審判されることになります。最近のアカハラ判定基準での判断に従ってあなたの訴えが妥当であるならば、それはアカハラと認められます。しかし、ただ、アカハラが認められるだけで、結局はあなたは今の学校に居づらくなるでしょう。だから、退学は覚悟です。

他所の大学院に行けばよいでしょう。業績さえ出せれば、幸いにしてポストを得られるでしょう。

大学も、教員も、アカハラで(学内でも)訴えられることは、一応、避けたいことのようです。

ちなみに、僕は、学内で「アカハラだ!」と判定され、ついでに、外の裁判所でも慰謝料を払わされることになった、アカハラでボーナス飛んじゃった教授です・・・とほほ。

  • アバター

    ID非公開さん

    2015/03/1510:37:56

    ハラスメント相談者⇒ハラスメント(受付)相談員ですね。

    まあ、退学覚悟でやれば、ハラスメントに関しては納得いく成果が得られるかもしれません。そして、他大学の院に行けばよいのです。研究の成果があがれば、20代で公募の助教ポストを得ている人もいますから、すべての前途が閉ざされるというものでもありませんよ。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アカデミックハラスメント」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/3/1500:16:49

それが本当にハラスメントなら、近頃の大学はきちんと被害者の言い分を聞く体制を整えているはずです。一方で、学生がアカハラだパワハラだと言い立てる案件の9割方は、取るに足らぬ喧嘩や単なる逆恨みです。

まずは、公平に判断できる大人に聞いてもらうことです。それで、やっぱり貴方が正しいのに大学事務が聞く耳を持たないというなら、弁護士でも雇って訴えてください。

それとは別に、自分の大学で教員になりたいというのはアカハラ以前の問題として非常に困難です。どういうことかというのは御自分で調べてください。研究者志望ならできるでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。