ここから本文です

私は今、ニジマス(レインボウトラウト)釣りに興味を持っています。 ところでニジ...

kai********さん

2015/3/1515:11:55

私は今、ニジマス(レインボウトラウト)釣りに興味を持っています。
ところでニジマスってどのような餌(ルアー)がよくかかるんですか??
初心者なので色々と教えてください。

補足管釣用スプーン(ルアー)は普通の川や湖、海でも問題なく釣れるんですか??

閲覧数:
524
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pja********さん

編集あり2015/3/1522:35:50

たくさんレインボーが掛かるルアーは場所次第なので知りませんが

河川や湖、さらに海や管理釣り場まで含めると
タイプで言えばミノーが1番良い魚を連れてきてくれる
と思ってます



補足のエリアトラウト用スプーンについて

使えることもありますし
使えないこともあります
という回答になります

例えば止水のエリアトラウト用スプーンは
ほとんどの場合は渓流や本流などの早い流れの中ではほとんど使いモノになりません

これは流れの中ではそのスプーン本来の泳ぎが出来ないためです



しかし渓流や本流などにも淵など止水に近い流れの少ない場所があり
そのような場所で放流直後の個体を狙う場合には使えることもあります

これは放流直後の個体は身を隠すことをまだ知らず
それまでの養魚場での食習慣から
表層に近いところを泳ぐルアーや
ゆっくり落ちてくるルアーにたいして反応してしまうためです

これが放流から期間が経つと
深い場所や物陰に身を隠すことを覚え
時期にもよりますが底層を泳ぐルアーや
素早く浮き上がるルアーにたいしてしか反応しないことが多くなります

エリアトラウト用スプーンでは
たとえ止水に近い淵でも流れはあるのでトラウトの潜む深い場所や物陰に
軽いエリアトラウト用スプーンが届く前にポイントから外れてしまったり
そもそも底層を泳いだり素早く浮き上がるルアーの動きが出来ません
こうなるとやはり渓流専用に作られたスプーンに分があります

湖などの管理釣り場とほぼ同じ止水なら
放流直後に放流場所に陣取り
エリアトラウト用スプーンで放流された個体を狙うことが出来る場合もあります
その時は爆発的に釣れることもありますよ

放流直後の個体は
たくさんの魚が押し合いへし合いしながら生活している養魚場のような環境で育つため
他の魚よりいち早く餌を取るためにそのような性格を持ちますが

自然環境ではそもそも押し合いへし合いするほど個体数が多い訳ではないので
身を隠すことを覚えますし
表層や落ちてくる餌も少ないため
徐々にエリアトラウト用スプーンには反応しなくなりますね

質問した人からのコメント

2015/3/19 22:27:08

たくさん教えていただき有難う御座います!!
他の皆さんの回答も参考にしていきたいと思います!!
誰をベストアンサーにするか迷ったのですが1番自分の中で理解できたpjay4350さんを選びました。
本当に皆さん有難う御座います!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/3/1609:11:41

ネイティブに限って言えば…まあ…基本的にニジマスは何でも釣れます。スプーンでもスピナーでもミノーでも何でも釣れます。要は、どのルアーにスレているか、であって、1種類のルアーに拘ることはありません。トライ&エラーの繰り返しです。

食わせ餌についてはイクラが既出ですが、イクラが効くのは春の間だけです。4月以降は渋くなります。春から初夏にかけては虫餌に勝る食わせ餌はありません。チョロムシが最高ですが、クロカワでも釣れますしキジでも釣れます。私はパワーイソメで釣ったことも、また、マグロの切り身で釣ったこともありました。

asasa023さん

2015/3/1522:57:20

管理釣り場での釣り方と、本流や湖での釣り方は違いますよ。

基本的にエサはミミズやイクラ、川虫等になります。
ルアーだとスプーンやミノーで釣る事になりますね。

管理釣り場の魚は割と小さな個体ばかりなので、6ft~7ftの柔らかいロッドで、小さなルアー5g未満を使うことがほとんどです。

本流や湖となると大型が掛るのと、魚の掛った時の走り方が全く変わってきます。
7ft~9ftのロッドで10g以上のスプーンやミノーを使うことがメインになります。

北海道の河口周辺で釣るのなら9ft以上の物で20g前後のスプーンが主流じゃないでしょうか。この辺の釣り方は余り知りません。

syu********さん

2015/3/1522:07:52

自分は、本流でルアーによるニジマス釣りをやっています。

使うルアーは、ミノー、バイブレーション、スプーンです。
その季節や水温によってヒットしやすいルアーが違います。
また、誘い方や巻き方も、その都度工夫が必要です。

ミノーは、主にシンキングを使いますが、
場所によってヘビーシンキングやディープダイバーも使います。
釣れるカラーや場所など、突き詰めて
それなりにヒットしていると思います。

本流の野生化したニジマスは、
管理釣り場のそれよりも10倍ほど引きが強いです。
ですので、全く違うタックルとなります。

管理釣り場用の4g以上のスプーンだったら、
本流でも使う事ができます。
ただし、大きなニジマスがヒットしたら、
やたらに暴れるので、フックアウトしやすくなります。

どういうニジマスが生息しているのか
調べてから、それに合うルアーを選んだほうがよいです。

con********さん

2015/3/1517:56:28

ルアーについては分かりませんが、餌でいうと、
ニジマスは「虫餌」に執着しやすい魚だと思います。

理由は、
・ルアーマンの飯田重祐さんが釣り番組で上記の事を言っていたこと
・餌釣り師の細山長司さんが、魚野川でシマミミズである日ボウズを食らいそうになったところを、バッタ餌に変えて最後の最後にその日唯一の釣果(ニジマス)をあげたこと(詳しくは「渓流のヤマメが釣れる人、釣れない人」を参照)
・自身の経験(川虫で44cmのニジマスをあげたこと、ミミズで釣れなかった後にぶどう虫でワイルドレインボーをあげたこと)

以上のことからニジマスがミミズに反応しないとは言わないけれど、川虫やブドウ虫などの「虫餌」で釣った方が良いのではないかと思います。

sup********さん

2015/3/1516:42:51

イクラで間違いありません。
流れのある釣り場だとエサ持ちしませんのでブドウ虫が良いです。
ミミズでも釣れます。
釣り場によって使い分けが必要となります。

ルアーについてですが、これも釣り場の環境によって異なります。
小魚の多い場所ならミノー(小魚ルアー)やスプーンがお勧めです。
水深がある釣り場だとスプーンで狙います。ミノーでは潜行深度が決まってしまうのです。渓流のような場所ならミノーやスピナー、スプーンなどで大丈夫です。
オールマイティーなのはスプーンですね。
小型の物から大型の物と重さや大きさが異なり釣り場によって、これも使い分けが必要です。
ルアーに関してはカラーも重要なので光系(反射)、ナチュラル系(本物そっくり)、ダーク系(黒っぽい)などを使い分けて狙います。

イクラで間違いありません。
流れのある釣り場だとエサ持ちしませんのでブドウ虫が良いです。
ミミズでも釣れます。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる