ここから本文です

秦郁彦氏の『現代史の虚実』(文藝春秋)を読み直して、少し気になったのですが。 ...

shpfiveさん

2015/3/1806:09:25

秦郁彦氏の『現代史の虚実』(文藝春秋)を読み直して、少し気になったのですが。

P211より抜粋

>いずれにしても、専門家を軸に男系、女系の利害得失をじっくり論じあうべきで、あわてる必

要はない。ただし世界に稀有の男系天皇制は、二千年にわたり日本人が苦労を重ねて守りぬいてきた事実を念頭におきたい。

旧皇族の竹田恒泰氏は「文化財としての男系天皇」という概念を持ち出し、「世界最古の木造建築である法隆寺をコンクリートで建て替える」に似た愚行に走るなと説いている。

同じような観点から、男系天皇制の文化的価値を強調したヘブライ大学のベン=アミー・シロニー教授は、次のように書いている。

たとえ問題が解決されなくても、50年後か60年後にもう一度検討すればいい。そのころには日本の人々は天皇制について今とは異なる意見を持つようになっているかもしれない。
急ぐ必要もないのに、今の世代が次の2世代に結露を押しつける理由があるだろうか。
(『SAPIO』06年2月8日号)

→では、実際にシロニー教授は、どのような主張をしているのでしょうか?

>ヨーロッパの例にならって女性天皇を誕生させることは、天皇の王朝の活力注入につながることだろう。

>天照大神を象徴する娘に、日本の皇室の命運がかかっているのかもしれない。

(『母なる天皇』講談社版P413~414より引用)

どう考えても、シロニー教授は未来における「女系天皇容認」を念頭においている、としか考えられません。

Q1 秦郁彦氏は、なぜシロニー教授の発言について、このような「解釈」をしたのでしょうか?

ちなみに秦氏が『母なる天皇』を読んでいない、という事は、ほぼ考えられません。

Q2 皆様は「女系天皇容認」は、すべきだと思いますか?

閲覧数:
314
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/3/1900:50:38

両方とも読んでないので、回答するのも不適切かもしれませんが。


シロニー教授が「女性天皇」(女系天皇ではなく)と言っているあたりを、秦氏は「男系維持」と解釈したのではないでしょうか?

私は男系維持派ですが、遠い将来において、旧皇族復帰や側室制度もふくめ、いかなる手法をもってしても男系維持が不可能となった場合のみ、女系を容認してもよい、と考えております。

こういう観点でならば、まだわからなくもありません。




kumialphaさんへ。
男系は、一夫一妻制でも可能ですよ。

どちらかといえば病弱だった大正天皇が4人もの男児に恵まれたのは、お妃選びで産医学的な要素も検討したからです。
女系派は、このことをよく無視してますけどね。

また、男系維持の方法は割と簡単で、ひとりでも多くの子をつくればよいだけです。
子供が3人いて、そこに男児がひとりもいない確率は12.5%、4人ならば6.25%です。



navraoct47さんへ。
男系女系の区別とは血統の分類であって、性差別ではありません。

男系血統を重視することが女性差別であるならば、女系血統を重視するのは男性差別となります。

だいたい、貴方はいま現在、父方母方どちらの姓を名乗っているのですか?
貴方の主張を貴方自身に適用すると、貴方が差別主義者、ということになるんですけど?

この程度もわからない方こそ、愚者に見えますけどね、個人的には。

  • 質問者

    shpfiveさん

    2015/03/1920:16:15

    ご回答いただき、ありがとうございます。

    シロニー氏は、皇位継承問題については明確に

    >永続的な解決方法は、女系を認めることであろう。そうすれば、皇位につく女帝も結婚することが可能となり、後継ぎとなる子どもを産むことができる。このような改革は、日本ではこれまで例のなかったものである。過去に存在した女帝を含む日本の君主たちは、みな、男系の男性天皇の子孫だったからである。
    (『母なる天皇』P413より)

    と、書いています。

    そして敬宮殿下が女性天皇となることを期待するような発言をしています。
    (『母なる天皇』発表は2003年)

    なおシロニー氏は、同書を執筆するにあたり、秦郁彦氏より

    >よき助言と諸方面への紹介とを頂戴した。

    (同書、P5より)

    と発言しています。

    まあ、どうでもいい、と言えばそれまでですが、気になったので質問投稿しました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/3/24 22:39:51

これは、という「答え」はいただけませんでしたが、質問を終了させていただきます。

ご回答いただいた皆様、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kumialphaさん

2015/3/1814:51:54

シロニー教授は外形的にしか理解していません。
天皇祭祀は男特有のものなので女系天皇はありえません。
男系の継続は妾の存在なくしては成立しません。

navraoct47さん

2015/3/1810:33:24

Q1:秦氏の寛容の無さと思考回路の単純さが原因であろう。彼のモノは読みたいと も思わないし大して深みのある人間とも思われない。

Q2:男系天皇などと美辞麗句を並べ挙句は日本の伝統文化の様なことを言っているようだが、本質的には旧態依然とした男尊女卑の因習に他ならない。皇室と国民とのより深い一体感を持つには女系天皇制は不可欠であろう。
然るに男尊女卑が余りに強い日本では・・・・。愚民国家と言うべきであろう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。