ここから本文です

鉄骨造について。

han********さん

2015/3/2501:46:43

鉄骨造について。

BCR295の295とな下降伏点のことでしょうか?

参考書に降伏耐力の下限値とあります。
同じ意味ですよね?

教えてください。
よろしくお願いします。

閲覧数:
158
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

2015/3/2508:59:15

>BCR295の295とな下降伏点のことでしょうか?

そのとおり

>参考書に降伏耐力の下限値とあります。
同じ意味ですよね?

同じですね。

BCRは建築構造用冷間ロール成形角形鋼管
STKRは一般構造用角形鋼管
引張強度は同じ400N/mm2であっても、
下降伏点が違います(BCRは295、STKRは245)
これは弾性限界をより高くしているという事です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yub********さん

2015/3/2601:56:24

『下降伏点』
とは何なのか?
理解しておられるでしょうか?

『下降伏点』に対して
『上降伏点』というものもあります。

通常、降伏点と言えば
下降伏点の事を指す事が多いです。

説明には絵も必要です。
ここでは書きませんが・・・

降伏点の下限値・・とは、
下降伏点の事ではありません。

同じ規格の材料であっても
その個々はバラつきがあります。
いくらばらついたとしても、
その『下降伏点』が、『降伏点の下限値』を下回ってはいけません。

下降伏点と
降伏点の下限値は
意味が違います。。。。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる