ここから本文です

現在のNBAはPGの層が非常に厚く、ゲームメイクよりも自分が攻撃のオプションとして...

ari********さん

2015/4/614:29:24

現在のNBAはPGの層が非常に厚く、ゲームメイクよりも自分が攻撃のオプションとしてどんどん仕掛けるタイプの選手が多いです。
マーベリーもフランシスも現代の選手だったらあそこまで毛嫌いさ

れなかったんじゃないんですかね?
KGの超大型契約に嫉妬して出て行ったマーベリーはともかくトレードでロケッツを追われたフランシスは少し可哀想でしたね。

閲覧数:
266
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2015/4/621:33:22

スティーブ・フランシス、
バロン・デイビス、
ステフォン・マーベリー、
といったタイプの選手は、
自分でボールを持ちたがり、
他の選手とボールを供給し合うことが
困難な選手です。

これがSGにコンバートされた
アレン・アイバーソンみたいな
感じだったら、まだ分かるのですが、
現代のNBAにいても、
煙たがられたのではないかなと思います。

そういう意味では、
全盛期のデリック・ローズや
現在のラッセル・ウェストブルックは、
その壁を見事に乗り越えましたと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる