ここから本文です

逆方向と引っ張りの本塁打について もう1度だけ質問をお願いいたします。

tan********さん

2015/4/1317:00:01

逆方向と引っ張りの本塁打について

もう1度だけ質問をお願いいたします。

逆方向に本塁打を打つ場合、インサイドアウトの
軌道の為、右打者ならば右肘が伸びきらない場所(外角なので多少は伸びる)
で捉えるため
右肘を支点にフォローを大きくとり、また打球を押し込む事が出来る
で飛距離が出る。
ただし上記のとおり逆方向に打つ場合は腰の捻りが浅いのでスイング速度も
多少遅くなる。

引っ張る場合は
インパクトやフォローは逆方向と同じような形で捉えるが
引っ張る場合は前で捉えるので腰の捻りが大きくバットに反動が付く
為、スイング速度は逆方向に打つ時より速くなる。

という事でしょうか?

引っ張る場合はスイング速度が出ているのでフォローは逆方向の時のように
意識しなくても自然と出来ているという事でしょうか?

この質問は、che********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
107
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wal********さん

2015/4/2015:07:46

まぁだいたいそんな感じですが、難しく考えすぎてはいませんか?

簡単に言えば、構えやトップが同じであれば、ミートポイントがトップから長い距離にある時の方がヘッドスピードが速くなる、つまり遠心力が大きくなるということです。

もちろん他の要素の差もありますが、単純にまずはその差が飛距離に影響すると考えて問題ないでしょう。

停止した状態からアクセルをベタ踏みした車に5mの地点で接触するのと、同じ条件で10mの地点で接触するのと、どちらの方が衝撃やダメージが大きいですか?間違いなく10mの地点でしょう。それと基本的には同じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる