ここから本文です

「企画の面白い本」はありますか?

rinn5sutaさん

2015/4/616:43:38

「企画の面白い本」はありますか?

「こんな本、はじめてだけど、よく思いついたなあ」ってちょっと感心するような切り口の本です。
あるいは「前からあったけど、売り込みが上手くて違うパターンに見えた」とか。
ないですかねー?
売れたらすかさず他社がまねして「よくある本」になってしまうと思うので、「これぞ先駆け!」と昔、思った本でもいいです。

閲覧数:
120
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kmbch_515さん

編集あり2015/4/818:31:02

松岡正剛編集の『全宇宙誌』(1979年、工作舎刊)
宇宙に関するさまざまなエッセイを集めた、全ページが漆黒の、まさに宇宙が本となったような書物でした。活字は星のようで、小口を斜めにずらすと、そこにはアンドロメダ銀河が浮かび上がり、……

などと書いても、手に取ってみないと、おそらくあの奇跡的な魅力はわからないでしょう。細部の細部に至るまで作り込まれ、おそらく完全に採算を度外視して作られたのではないかと推察します。この本の刊行後に類似の本も出ていますが、全く太刀打ちできていません。

当時は5000円。いまアマゾンを見たら、古書しかなく35000円より、となっています。
http://www.amazon.co.jp/%E5%85%A8%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AA%8C-1979%E...

  • 質問者

    rinn5sutaさん

    2015/04/0712:40:07

    デザインが凄そうですね。
    見てみたいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/4/13 13:46:48

作家の能力というより、まさに「企画」という感じなのでBAはこちらに。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/4/1111:46:35

有川浩さんの「ヒア・カムズ・ザ・サン」はそんな感じかな?
舞台とのコラボも面白いし。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2015/4/620:53:56

短編の名手といわれる乙一さんの本は
意外性があり、ストーリーもおもしろく
おすすめです

「ZOO」集英社
様々なジャンルのホラーやミステリーです
話によってはグロいものもあるので
そういったものが苦手な方は注意です

この作家さんの作風として
さらりとした、
淡々とした文章があげられます

非常に読みやすく、残酷な描写も
その作風で緩和されていると思います
ただ、読み応えが無いと感じる方も
いると思います

ですが乙一さんは 本当におすすめですよ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/4/620:36:08

「カラー版 百人一首」角川ソフィア文庫

尾形光琳の「光琳歌留多」の絵と最小限の解説で構成されている。
見開き1ページで1首。シンプルだけど、眺めているだけでも楽しい。
歌留多をそのまま図版として掲載し、歌そのものは隅に追いやられているような構成が見事。

書棚にひっそりと表紙をこちらに向けて、置かれていた。在庫は1冊のみ。そこに「当書店イチオシの1冊」と言うような宣伝文句。

百人一首の本は数冊持っているが、何度か逡巡した結果、”誘惑に負けて”、ついに買ってしまいました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。