ここから本文です

オウムの私選弁護士・横山弁護士について 一時期オウム真理教・麻原彰晃の私...

アバター

ID非公開さん

2015/4/1221:10:36

オウムの私選弁護士・横山弁護士について


一時期オウム真理教・麻原彰晃の私選弁護人をしていた横山昭二氏についてです。

彼はテレビで見ていても全く有能そうには見えず、むしろみっともない感じのする人でしたよね。
歯は抜けたままだし、とっくに引退なさっている高齢の方のような反応の悪いシャベリだし。

で、重大事件の数々を抱えた麻原の弁護人なんて一人でできるわけがない。


どうして教団は彼に依頼をしたのでしょう。それも彼一人に。

いっくら引き受け手がないとはいえ、弁護士会の名簿の最初から最後まであたれば、数名の人権派弁護士くらい出てきそうなものです。
いっくら麻原が極悪人だと全員が確信していたとしても、インチキな裁判ではなく「正当な裁判」により死刑となるようにする役目があると考える人がゼロだとは思えません。


なぜあの人ひとりが弁護人となったのかわかる方はおられませんか。

出典もできれば。


教えて!! エライ人!!

横山昭二,私選弁護人,いっくら引き受け手,麻原彰晃,私選弁護士,毒ガスサリン撒布,弁護士

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
552
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/4/1818:20:02

無差別大量殺人、弁護士家族の虐殺、毒ガスサリン撒布など、

桁違いの殺人鬼の 弁護を引き受ける弁護士がいないため、

捜査や裁判が進められない中で、弁護を引き受けられた。

と当時の新聞や週刊誌を読めば、書いてあります。

裁判が進まなければ、被害者の救済も出来ないわけですから、

弁護人は大事な役割です。ましてや自分も仲間のように思われ、

世間的に不利なわけですから、立派な人だと思います。

確かに見掛けは相当悪いですが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。