ここから本文です

メンゲンベルクのマタイ受難曲は、第二次世界大戦開戦の直前の演奏なので、 これ...

lal********さん

2015/4/1312:39:04

メンゲンベルクのマタイ受難曲は、第二次世界大戦開戦の直前の演奏なので、
これから起こるであろう悲惨な状況を予感した聴衆の、

「すすり泣く声が聞こえる」
というのは本当ですか。

聴いてみたいような、聴きたく無いような、複雑な感じですね。

閲覧数:
98
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Wagerian64さん

2015/4/1416:04:04

第47曲、アリア「わが神よ、おあわれみください」の途中でのすすり泣きのことと思いますが、タイミングからして、演奏に対してというよりは、戦争の足音を感じながら感極まった、というように聞こえます。演奏自体は甘ったるく、ロマンティック過ぎるので、個人的には好みではありません。ここで感涙するというのは、私にとっては一種のドキュメンタリーに対する同情の涙、というところです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rin********さん

2015/4/1820:54:04

俺も最初の二人と同意見。

確かに前年のオーストリア併合とか、前月のチェコスロヴァキアの消滅というものはあったけど、そこまでの危機感がはたしてあったかどうか。

むしろこの半年後にあったシューリヒトとコンセルトヘボウの「大地の歌」の件を思うと、ナチスによる「やらせ」だったんじゃないのかと思ってしまう。バッハとマーラーへのスタンスの違いというのかなあ。まあこのへんは勝手な妄想だけど。

…と以前書いたんだか、その後やりとりがちょっと不穏なんで消しちまったんだが、その後読み返しても別段おかしいことは書いてないのであらためてあげときます。


それにしてもこれも某hoterokkunoyomeの傍若無人なせいで荒んじまった影響なんだろうな。ヤフーもなんとかすりゃいいのに。いっそのことここをもう閉鎖というのもいいかもな。利用者もしっかり減ってきてるし、得になることないんだからとっととやれよというかんじ。

Hot Jupiterさん

2015/4/1420:04:49

「憐れみ給え、わが神よ」ですすり泣きが聞こえたというのなら、演奏のためでもなければ、ましてや戦争の足音に恐怖してでもなく、純粋に信仰上の感銘から涙したっていう可能性が一番高いんじゃないでしょうかね。

ここの場面とこのアリアの性格を考えれば、信仰心の篤い信者が感極まるのもわかるはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

CYCLISTTAKさん

2015/4/1320:25:33

私も下の二人に同意。四の五の言ってないで聴くべし。どういう啜り泣きかな。
https://www.youtube.com/watch?v=zayss_RBkj8

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2015/4/1313:07:15

ポーランドに対するブリッツクリークが9月だったので、この演奏は半年くらい前の記録だったはずだから、悲惨な状況を予感した聴衆の啜り泣きというのは、まったくのデタラメだと思う。
オランダは信仰心の篤い国だから、単純に演奏に感動しただけだと思うし、穿った見方をすれば、前の日に悪いモン喰って、腹の痛みに堪えかねて啜り泣いていたかも知れない。

youTUBEなら確か全曲聴けるはずだから、興味があるなら聴いてみれば。
長いようで短いのが人生なんだから、『聴いてみたいような、聴きたく無いような』なんてくだらんこと言ってないで、興味が沸いたらチャッチャと好奇心を満たして次に行かないと、宝の山を目の前にして終わっちゃうヨ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる