ここから本文です

何故日本では、 在日朝鮮人(在日)と 混血児 (唐毛、合いの子、雑種、国際児 ハ...

hayyuj9401010 (ハイユージュ)さん

2015/4/2401:30:28

何故日本では、
在日朝鮮人(在日)と
混血児
(唐毛、合いの子、雑種、国際児
ハーフ、ダブル、ミックス、
アメラジアン等)は
二流国民、三流外国人(ぱちもん)等の
差別的な言い方をされる

のか?

そもそも
日本人が言う
二流国民、三流外国人(ぱちもん)とは
何なのか?


一般的な日本人がイメージする
純血日本人の定義とは?


純血が好まれる為に
在日朝鮮人や混血児が
差別されているのだろうか?

何故2015年ミスユーニバス優勝の
宮本エリアナは
日本人ではないと
バッシングされるのか?
日本国籍で日本育ち
日本語(母国語)話者では日本人に
成れないのか?

日本人の定義とは
東北アジア人、モンゴロイドで
日本語が喋り、
日本人の両親の元に生まれ
日本教育を受け
先祖に外国人が一人もいない等の
厳しい基準全てを
満たさないと駄目なのか?

日本で生活している
在日と混血(ハーフ)は
どの様な視点で
今の日本社会を見ているのか?

人間が
自分達以外の人間を
民族、出自等で
差別し偏見するのは、
精神的に安心するからなのか?

差別や偏見は
動物の様な感情に
近いのではないのか?

日本人延いては全ての人間は
いつになれば
自分達と違う人間を
同じ人間と認識出来る寛容性を
身に付けられまで成熟した段階に
到達出来るのか?


社会カテゴリー皆さんの
ご回答のほど、
お待ち申しております!

在日朝鮮人に対する差別に関しての
質問。
朝鮮カテゴリー
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10144737245

閲覧数:
172
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mya********さん

2015/4/3000:05:42

↓「shinnichi_kankoku」さん、誤解がありますね。

「日本人(大和民族)」は「縄文人」と「弥生人」とのほぼ半々の比率の混血民族です。

↓Y染色体ハプロタイプ(約40%)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA#Y.E6.9F.93...

↓2008年、住斉(すみ・ひとし)筑波大名誉教授による「縄文人特有mtDNA」と「弥生人特有mtDNA」による計算結果より
http://y-sonoda.asablo.jp/blog/imgview/2009/05/24/a542e.jpg.html
(産経新聞より抜粋)

↓★★★「総合研究大学院大学のプレスリリース(2012年11月1日)」日本列島3人類集団の遺伝的近縁性より、まず最後の「図4a、図4b、図5」以外は全て「縄文的要素」だけについて述べられています。(以下のプレスリリースを開き、比較しながら以下の文を読んでみてください)
http://www.soken.ac.jp/news/5276/

「ミトコンドリアDNA(mtDNA)、Y染色体ハプロタイプ、HLA(人白血球型抗原)」の調査結果から、例えば「アイヌ」には「ニヴフ(Nivkh)」の系統が混じっていると、かなり以前から指摘されていました。
【アイヌ】Y染色体(C3)=12%、mtDNA(Y)=21%
【ニヴフ】Y染色体(C3)=43%、mtDNA(Y)=66%
単純計算で「((12÷43×100)+(21÷66×100))÷2 ≒ 30%」となります。但し、「ニヴフ」は「アイヌ」との交流の他、別の民族とも交流があったと見られ、今の構成の「ニヴフ」ではなく、過去はこうであったろうと推定される「ニヴフ」との交流があったという事です。現在より「ニヴフ」の「C3/Y」が高かったと推定されるので、個人的には「20%以下」ではないかと見ています。これは、「プレスリリース」であらためて言われるまでもなく、以前から知られていた事です。

また、
【縄文系】Y染色体=DE系統D、mtDNA=M7a、M10等
【弥生系】Y染色体=NO系統O、mtDNA=Z、N9a等
であり、「本土日本人と沖縄県民」は「縄文」と「弥生」との混血、「縄文」の「DE系統D」は他の東アジア集団には、ほとんど見られないとも指摘されていました。しかし、これらは単なる「マーカ」を調査した結果であり、常染色体そのものを調査した結果ではありません。そこで、常染色体についても調査してみよう、「縄文的要素」という観点で、日本列島3集団、合わせて他の東アジア集団も調査してみようというのが、この「プレスリリース」の主旨です。

「図1a、図3a、図3b」については「横軸(PC1)」が「弥生的要素⇔縄文的要素」を示し、「縦軸(PC2)」が「弥生的及び縄文的要素と相関関係にない他要素」を示します。「図1a」の説明の中に、
・「横軸(PC1)は、左にゆくほどより縄文的要素を、右にゆくほどより弥生的要素を示していると解釈できる」
・「縦軸(PC2)は横軸で説明された分散以外」
とあります。つまり「横軸(PC1)」は、縄文と弥生との差異が分かる要素(主成分)について、分散の度合いが最大になるように「線形代数」を用いて示しているのです。だから「★縄文的要素がどれ位あるか(横軸(PC1))」と「★別の要素がどれ位あるか(縦軸(PC2))」しか分かりません。図3a、図3bは左右は逆ですが、同じ内容を表しています(但し縦軸(PC2)の距離を狭めて他の東アジア集団も図に入るようにしています)。

「図1a、図3a、図3b」は「弥生的要素」内での差異を示すような要素は全く入っていません。あっても縦軸で示されます。つまり韓国人から「縄文的要素」を除けば、中国人(CHB=北京)と同じクラスタにほぼ入ってしまい中国人と全く区別がつかなくなります。これは本土日本人から「縄文的要素」を除いても同じ結果となります。

韓国人の「縄文的要素」は「10%」もないでしょう。「Y染色体ハプロタイプ」からも「mtDNAのM7a」も今のところ「数%」しか検出されません。しかし、比率が少なくても縄文と弥生との差異が大きいので影響も大きいという事も考えられます。よって、
・「図1a、図3a、図3b」の「横軸(PC1)」が「弥生的要素⇔縄文的要素」を示している以上、韓国人にも僅かとはいえ「縄文的要素」が存在する事を示しています(縄文的要素としてのクラスタに含まれる)。
・韓国南部の一部地域は、その他の朝鮮半島とは異なったクラスタ構成を持っている。
・日本統治時代の痕跡(D1B、M7aなど)も見られる(同じような痕跡がミクロネシアでも見られる)。

「総合研究大学院大学のプレスリリース」の「図4a、図4b」は上記と異なり、「標準遺伝距離を東アジアの29人類集団間で計算し、それらに対して近隣結合法(塩基の置換数による測定)により系統樹を作成した結果」とあります。まず、弥生的系統内における違いは、縄文と弥生との差異と比べると段違いに小さいという事が前提となります。それだけ縄文は他とかけ離れた存在なのです。韓国人から「縄文的要素」を取り除いた「弥生的要素」と、日本人から「縄文的要素」を取り除いた「弥生的要素」が同じであれば、韓国人は「図4a、図4b」の日本列島クラスタの「枝」の途中(根元側に近い位置)に入りますが、入っていないので、韓国人と「弥生人」とは構成が異なる事を示します。韓国人の「縄文的要素」が日本列島クラスタの方向に引っ張っているにも関わらずです。沖縄県民(琉球民族)は「図5」からもわかる通り、弥生系は同じです。「縄文系+本土日本人=琉球民族」と示しているので、中国は(起源を主張するなどは)一言も言えないでしょう。

「弥生的要素」について、韓国人と日本人とで比較対象となる「Y染色体ハプロタイプ」は(C3はここでは除かれます)
・O2B系(O2B*とO2B1)
・03
の2つとなりますが、O2B*とO2B1は同じO2B系であり差異も少ないと考えられるため除外します。そうすると残るのは中国人の「主系統」でもある「O3」です。「O3」は「他O系」と比較しても20000~25000年(ISOGGによる)の隔たりがあり、「他O系」との差異もそれなりに存在すると考えられます。「O3」の比率を調べると、
・中国人:55~66%
・韓国人:45~50%(←「O3」は韓国人の主系統でもある)
・本土日本人:10~16%

となります。一概に上記の比率通りとは限りませんが、今の韓国人の約半分(混血)近くが「中国人の主系統」、これは、朝鮮民族が強く漢民族などの影響(混血)を受けている事を示しており、またこれは「HLA(人白血球型抗原)」による調査結果「朝鮮民族は満州族や中国東北部の漢民族と近い」とも一致します。しかし、韓国南部の一部地域は除外されるかもしれません。

「総合研究大学院大学のプレスリリース」からまとめると、
・「ミトコンドリアDNA、Y染色体ハプロタイプ、HLA」調査結果が「常染色体」にもあてはまる(そのままの値とは限りません)。
・日本人は他の東アジア集団には見られない「縄文的要素の特異性」があらためて確認された(Y染色体ハプロタイプD1Bの事が該当します)。
・「図1a、図3a、図3b」の「横軸(PC1)」が「弥生的要素⇔縄文的要素」を示している以上、韓国人にも僅かとはいえ「縄文的要素」が存在する。
・「図4a、図4b」で韓国人が日本列島クラスタの「枝」から外れていることは、日本人の弥生的要素と韓国人の弥生的要素に違いが存在する事を示す。

【日本3民族 遺伝子上(Y染色体ハプロタイプ)】
----------------------------------------
【 本土日本人 (%は混血比率)】
・DE系統D亜型D1b1/D1b2(約40% YAPあり)
・NO系統O亜型O2b1(約20~30%)
・NO系統O亜型O3(約10~16%)

縄文人:D1b1/D1b2
弥生人:O2b1(O3も含む可能性あり)
その他として数%「C1(日本固有)」「N」「C2」「O2b*」検出。
----------------------------------------
【 沖縄県民(琉球民族)(%は混血比率)】
・DE系統D亜型D1b1/D1b2(約50~60% YAPあり)←本土日本人より高い
・NO系統O亜型O2b1(約20%)
・NO系統O亜型O3(約20%)
----------------------------------------
【 アイヌ民族 (%は混血比率)】←NO系統無し
・DE系統D亜型D1b*(約80% YAPあり)←極めて高い
・DE系統D亜型D1b1a*(約6% YAPあり)
・CF系統C亜型C2(約10~15%)←【注】
【注】オホーツク沿岸民族と推定される系統
----------------------------------------

「本土日本人、沖縄県民(琉球民族)」 と 「中国人(漢民族)、韓国人(韓民族)」とはかなり異なります。
----------------------------------------
【 中国人(漢民族 %は混血比率)】←DE系統なし
・CF系統C亜型C2 (約 8%)
・NO系統O亜型O1a(約10%)
・NO系統O亜型O2*(約10%)
・NO系統O亜型O2a(約 5%)
・NO系統O亜型O3 (約54%)←中国人(漢民族)の主系統
地方差あり
----------------------------------------
【 朝鮮人(韓民族 %は混血比率)】←DE系統なし
・NO系統O亜型O2b*(約30%)
・NO系統O亜型O3(約45%)←中国人(漢民族)の系統
・CF系統C亜型C2(約12%)

その他として、数%「D1a」「O1a」「N」「K」「D1b」「O2b1」が検出。
----------------------------------------

↓「shinnichi_kankoku」さん、誤解がありますね。...

  • mya********さん

    2015/4/3000:06:53

    「日本人(大和民族、沖縄県民)」と「中国人、韓国人」とは、「遺伝子(DNA)」を調べれば、以下の通り、一人ひとりについて、明確に区別できます。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/4/30 15:42:34

ご回答のほど、
頂いたのでbaを差し上げます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2015/4/2517:19:58

>在日と混血(ハーフ)は ・・・


混血で日本国籍の者や帰化人は、日本人。在日韓国朝鮮人は外国人。問題を混同してはいけません。


よく言われる「差別」は、本当の「差別」ではありません。「気分」の問題なら、人それぞれ受け取り方が違うので、様々でしょうけど、「気分」の問題でなく、法的な意味の「差別」なら明確です。

日本国憲法 第14条第1項
1.すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

日本国憲法 第15条
1.公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2.すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3.公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4.すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第14条では「すべて国民は」とありますので、外国人が日本国内に在留できるのは、在留資格を与えられるからであって、「権利」ではありません。また参政権は、第15条で国民固有固有の権利であると定められています。外国人に与えられないのは、「人種差別」ではありません。
もし国籍の違いが「差別」であるなら、70億人の全人類が日本人と同様に自由に日本に滞在でき、参政権も持つということで、日本は、大混乱の上、滅亡することになるでしょう。

ここで言う「人種差別」とは、アジア系日本人、ヨーロッパ系日本人、アフリカ系日本人などと言う人種的違いによって、同じ日本人でありながら差別されることであり、「国籍」による取り扱いの違いは、憲法で言う「差別」ではありません。

「日本民族」はあっても「日本人種」は無い。
周囲の日本人の顔を注意深く見ればわかる。ある人は、シベリア北方系、ある人は、フィリピン、インドネシア人のような南方系、また別の人たちは、中国系、朝鮮系、そして明治以降は、ヨーロッパ系やアフリカ、インド、中東系の顔も増えているが、すべて同じ日本語を話し、同じ日本文化の中で生きる「日本民族」であって、同じ日本人だ。「日本人種」がない以上、ことさら人種がどうのと言っても意味がない。
在日韓国朝鮮人は、日本に帰化せず、日本の文化を受け入れないので、日本で生まれようと、何年何十年日本に居ても「日本民族」ではない。「日本人」とは、「日本民族」のことだ。朝鮮の血が入っていても「日本民族」であれば、日本人であり、日本で生まれ育っても、日本文化を受け入れない者は「日本民族」ではなく、「日本人」でもない。
日本に帰化するということは、「私は日本文化、日本社会の中で生きる日本民族の一員であり、日本人である」と宣言することであり、帰化しないということは、「私は日本民族の一員ではなく、日本の主権者ではなくて外国人である」と宣言しているのと同じです。
それを理解しないから、「日本は日本人だけのものではない」などと言う馬鹿げたことを言う者が現れるのだ。日本人が聞けば、侵略者の言葉に聞こえる。

2015/4/2404:20:58

典型的な自虐的価値観です。

差別は世界中に蔓延してきましたし、今後も続きます。人間が人間である限り永遠に続くのです。
日本人だけが外国人や混血を差別しているのではありません。
全くの事実誤認であり、社会常識の欠如です。
人間は人と違う事に違和感を覚えると共に、不安や恐怖を抱きます。あまり知られていませんが、人間以外でも哺乳類の中ではよくある一般的な話なのです。
日本人だけが在日朝鮮人や混血を差別しているかのごとき大いなる勘違いをしている人が少なからず存在するのは自虐的価値観以外のなにものでもありません。

童話みにくいアヒルの子は、デンマーク人の童話作家であり詩人だったアンデルセンが1843年に発表した「差別」をテーマにした児童文学の傑作です。

rov********さん

編集あり2015/4/2403:05:05

私は差別主義者ではありませんが一言。

在日の方々にも立派な方はおられると思いますが、特に在日朝鮮人の方々に一定のマイナスイメージが日本人の間で定着しているように思います。

このイメージを払拭するには並大抵の努力では払拭できないと思われます。

まず日本人を好きになり、実名で善行を施し、差別を受けても笑顔で耐え、また善行を施すの繰り返しを行う。

そうすれば
「あの方は在日朝鮮人だから立派な人物だ」との評価を貰う。それが民族の誇りとなる。

差別の出発点は恐怖からくる被害妄想だと思うのです。
怖いから排他的になる。
非常に女々しい行為なのです。

差別を受けたら正々堂々と笑顔で善行を施す。
これしかないと思います。
非常に辛い状況におられると思われますが、より大きな存在になるしかありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる