ここから本文です

毛玉があまり出ない素材って?

mochachocola2424さん

2008/1/2622:39:15

毛玉があまり出ない素材って?

冬のものでコートやニットなどを買う時に、長く使えそうな素材を選びたいのですが、
痛みにくい、ほつれや毛玉ができにくい素材は何でしょうか?

教えてください。

閲覧数:
77,014
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aurora_d22bさん

2008/1/2702:51:38

コートとニット製品は別物です。
つまり、コート地は殆どが織物で作られた生地で製品化されています。対して、ニット製品はカジュアル系の商品構成が
主となります。重い生地で製品を作ると伸びてしまうからです。

ご質問の件で、コート地から説明していきます。
コートを選ぶ時には、毛玉が出来ないものをとのことですから、綿のバーバリータイプが一番毛玉が出来ません。
次に、毛を原料としたものでは、糸の段階で、梳毛糸(そもうし)と紡毛糸(ぼうもうし)があります。一般的なコート地
には、紡毛糸が使用され、高級品では、カシミヤ、キャメル、アンゴラ、モヘアなどが混紡されている製品が多いのですが
このような、原料生地を使った製品は毛玉が出来やすいし、起毛(きもう=表面に機械で毛羽を出したもの)商品でも、繊
維の性質上、毛玉は出来やすいのが一般的です。

長く使いたい毛のコートであれば、梳毛織物(そもうおりもの)の生地で作られたコート製品をお薦めします。
毛(羊毛)の繊維長が、紡毛糸と比較して長くて、密な毛織物が出来るからです。

次に、ニット製品に関しても同様な事が言えます。が、ニット製品は近年では機械の発達で、殆ど無法製に近い状態まで作ら
れてしまいますから、織物生地のような丹念な仕上げを行わないため、糸の原料の良いものを使用し作られます。ニット製品
に関しては、このような状況もあり、織物とは異なった機械で作られますから、ホツレや毛玉が出ることは、原料の良いもの程、
毛玉は出来やすいと考えてお買い求めになると良いでしょう。

最後に、合成繊維の「アクリル系」では、抗ピル系繊維で作られていれば、織物、ニットに限らず、毛玉のできる確率は減少
しますが、ニットでは長期に渡り着ると、上記繊維でも小さな毛玉が出来てきますので、その辺りを考えて購入してください。
わからない場合には、店員さんに尋ねるのも良いでしょうが、ここまで知っている店員さんは、一般的にいないと考えてくださ
い。唯一の見方は製品の裏のタグに記載されている、原料名と生産国(国産品)を観てお買い求めになると良いと考えます。
もう一つ、ポリエステルとウール(毛)をミックスした糸で作られたコート地(製品)も出回っていますが、この生地の製品は、
冷たい感じがしますが、毛玉の発生率は少ないのですが、製品自体が安っぽく見えますので、これは質問者さまの嗜好の
問題で選択するか否かですね。

一言にコートやニット製品といっても、現在では中国生産が多くなり、国産は少なくなり価格もそこそこ高くなります。が、私
がお薦めする場合には、国産で生地のしっかりしたものを選ぶと、毛玉に関しては、解決可能と考えます。

ベストチョイスをしてくださいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

takachi3755さん

2008/1/2709:18:39

ニットに関して言えば、ウール100%とウールとアクリル混紡だとウール100%のほうが毛玉が目立ちません。処理も楽です。
アクリルはウールとくらべて繊維が強いので、ウールだとすぐ毛玉が落ちやすいがアクリルが混ざるとアクリルが強くてなかなか落ちてくれません。

以前カシミヤを扱うところで仕事したときは、カシミヤは毛玉ができやすいから1サイズ大きめ買った方がいいと言われました。

ウールでも流行りのバルキーニットなどは毛玉になりやすいですよね。

cecil_mc7さん

2008/1/2622:42:31

カシミヤ
レーヨン
等は出来にくいです

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。