ここから本文です

元中日の伊藤竜彦選手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2015/4/2621:00:12

元中日の伊藤竜彦選手を知ってますか?

1958年

ノンプロかプロ入りかその去就が注目されていた中京商高の伊藤竜彦投手(17)はこのほど地元の中日ドラゴンズ入りを決意した模様である。同投手は今シーズン春、夏の甲子園大会に連続出場、春の選抜では非力なバックスをささえて優勝戦までコマを進めたが球運つたなく済々黌に敗れたそして今夏大会には初戦で宿敵済々黌とぶつかるなど皮肉なめぐり合わせは大会の圧巻で、マンモスを埋める観客に事実上の優勝戦とまでいわしめた。1㍍76、66㌔の体格はずば抜けて大きい方ではないが、持前の柔軟なフォーム、オーバースローから外角低目にきまる速球は多治見工の河村に勝るとも劣らない。春以来カーブにも鋭さを増しているが何よりも制球力のよい選手である。とくに打撃が県下大会など三年間の通算打率は三割八分強と驚異的で県下随一のスラッガーである。このため一時は打撃転向の話もあったが本人はあくまで投手としてのプロ入りを望んでおり、中日もまた投手として高く評価している。契約は十一月になる模様である。

伊藤竜彦投手の話 まだ正式にきまったわけではないがプロにゆくなら地元中日に入ろうと決心した。家庭の都合もあって進学が望めない。ノンプロ日本ビールに就職したいと思っていた理由は将来のことやプロに入っても自分の力が通ずるかどうか迷いがあったためです。しかし暫く家でもできるならプロにいってもよいとの条件を得たのでプロ入りの決意を固めた。

閲覧数:
131
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2015/4/2622:43:55

知りませんでした。
調べました。

1959年に中日ドラゴンズへ入団し、野手へと転向しました。
背番号32

1年目はファームの打点王を獲得しました。

4年目となる1962年から外野のレギュラーを獲得しました。
背番号7へ。

1965年からは内野手に転向、主に三塁手として活躍しました。

1968年にはサンケイアトムズから移籍した徳武定之が三塁手に入るが、伊藤は遊撃手、二塁手、外野手もこなし131試合に出場しました。

1969年には再度外野手として起用されるが、出場機会は減少しました。

1970年オフに川内八洲男とのトレードで近鉄バファローズへ移籍。
背番号19

1971年は控え三塁手として52試合に出場したが、同年限りで引退しました。

引退後は近鉄のスカウトに就任しました。

通算1063試合
2373打数546安打33本塁打183打点。

十分成功したほうですね。

アバター

質問した人からのコメント

2015/4/26 22:51:04

うはあああ

「甲子園 多治見」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる